ここから本文です

ヤンキースの英雄ジーター、得票率99.7%で殿堂入り「最高の名誉」 “ラストチャンス”ウォーカー氏も

1/22(水) 12:20配信

ベースボールチャンネル

満票にわずか1票届かずも…ヤンキースへの愛情を改めて語る

 米国野球殿堂が2020年の殿堂入り選手を発表し、元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が得票率99.7%、元コロラド・ロッキーズのラリー・ウォーカー氏が76.6%で選出された。米公式サイト『MLB.com』が21日(日本時間22日)、伝えている。

【写真】ケン・グリフィーJr.、ノーラン・ライアン…MLB殿堂入りの得票率上位6人は?

 米国野球殿堂の投票はBBWAA(全米野球記者協会)に10年以上所属する記者によって行われ、そのうち75%の票を得た候補者が選出される。2019年には元ヤンキースの守護神でメジャー歴代最多記録となる通算652セーブを挙げたマリアーノ・リベラ氏が史上初めて満票での殿堂入りを果たした。

 同じくヤンキースで「キャプテン」の愛称で通算3465安打、260本塁打、1311打点、14度のオールスターゲーム選出、そしてチームを5度の世界一に導いたジーター氏には、リベラ氏に続いて2人目の「満票選出」が期待されていたが、全397票のうち獲得したのは396票。殿堂入り資格1年目の選出を果たしたが、満票にはわずか1票届かなかった。

 それでも、ジーターの得票率99.7%は史上2番目の高さ。2632試合連続出場のメジャー記録、そして通算3184安打、431本塁打、1695打点の成績をマークしたカル・リプケンJr.氏(元ボルティモア・オリオールズ)の99.3%を上回るものとなった。

 同サイトによれば、ジーター氏は自身の殿堂入りについて「キャリアを始めた時、殿堂のことは決して考えていなかった。これはプレーするすべての選手に与えられる最高の名誉なんだ」と喜びを語り、現役時代を振り返り「最も特別なことは、キャリアを通じて1つの組織でプレーしてきたことだと思う。(ヤンキースは)私が今までプレーしたかった唯一の場所だった」とチームへの愛情を改めて示している。

ウォーカー氏はカナダ出身選手として史上2人目の偉業

 一方、ウォーカー氏は殿堂入り資格10年目、“ラストチャンス”で悲願の殿堂入りを果たした。カナダ出身選手として、ファーガソン・ジェンキンス氏(シカゴ・カブスなど)以来史上2人目の偉業。得票率は2年前から34.1%、54.6%と上昇し、今年76.6%と基準をわずかに上回る形となった。

 現役時代はモントリオール・エクスポズ、ロッキーズ、セントルイス・カージナルスでメジャー17年を過ごし、通算2160安打、383本塁打、1311打点、230盗塁。ナショナル・リーグ最高打率を3度、リーグ最多本塁打を1度とタイトルを獲得した他、シーズンMVPを1度、シルバースラッガー賞を3度、ゴールドグラブ賞を7度、オールスターゲームにも5度選出と数々の功績を残してきた。

 ウォーカー氏は、殿堂入りについて「76.6%もの数字は考えていなかったので、心から感謝している。カナダ人として自分の国を代表し、殿堂にファーガソン・ジェンキンスに続いて加わることができたことを誇りに思う」と喜びのコメントを残している。

 なお、その他の候補者の得票率は、カート・シリング氏が資格取得8年目で70.0%(278票)、ロジャー・クレメンス氏が8年目で61.0%(242票)、バリー・ボンズ氏が8年目で60.7%(241票)などとなり、今年の殿堂入りには届かなかった。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:1/22(水) 12:52
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ