ここから本文です

ミルクボーイ、バイト中にネタ研究するつもりが「私語厳禁」

1/22(水) 11:33配信

SmartFLASH

 1月20日、お笑いコンビ・ミルクボーイが『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、M-1優勝までの秘話を明かした。M-1で優勝するまで、年に4回ほどしかテレビ出演がなかった2人。ネタも書かずに遊んでいた暗黒時代が5年あり、その間、ボケの駒場孝は、売れるために「ポールダンス」を習っていた時期もあったという。

 駒場は、当時について「漫才以外のいろんな要素があった方がいい(と思った)。いろんな資格を取ったり、特技がある方がいいなと。ボディービルダーのポールダンサーはおらんなと思った。いま思えばスタジオにポールがあるわけない(笑)」と反省する。ツッコミの内海崇も「僕は(駒場が)ポールダンスやってる間、ずっとギャンブルしてました」と振り返っていた。

 2人は、17日には、NSC現役生徒からの質問を受け付ける特別授業に出席。「優勝する前後の変化」について、内海は「一夜にしてすべてが変わった」と語る。

「ほんまにまったく人気がなかったんですけど、見方が変わっていただいた。いまは劇場で『ミルクボーイ』の文字が出ただけで(観客が)『ウォー!』ってなる。『なんやねん、どうなってんねん』って言いながら出てます(笑)」と話す。駒場は「変わり方は吉本一」と話していた。

 内海は「去年は常にネタのことを考えていた。2人で一緒に、冷凍のおせちを運ぶバイトもして。一緒の時間に(シフトに)入ってるから、ネタの話もできるかと思ったら、『私語厳禁』って書いてあって、全然できなかった。体力だけ奪われた(笑)」と話していた。

 1時間ほど生徒たちの質問に答えた2人は、そのまま報道陣の囲み取材に出席。M-1からこの日まで休みが1日もなかったが、その間、駒場に異変があったという。

 内海は、「相方はボディビルやってるんで、節制してたんですけど、活動量が上がってすごいお腹が空いて。この前、夜コンビニに行ったら、カップラーメンとチャーハンを買ってた。ボディビルダーが見てたら泣いてるで!」と暴露。駒場は「ボディビルダーが崩壊した瞬間です」と反省した表情を見せた。

 駒場は続けて、「蓄えとかんと動けなくなる。筋肉と相談して、いまはゴメンということで、いろんなのを食べさしてもらってます」と語る。内海から「ジムにも行けてないから、筋肉も落ちてきてる」と言われると、「夏頃にはガリガリと角刈りのコンビができてるかと思います」と返し、報道陣を笑わせていた。

最終更新:1/22(水) 12:11
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事