ここから本文です

猛毒の「インドコブラ」のゲノム全解析に成功、新たな抗毒素の開発に光が見えた

1/22(水) 19:10配信

WIRED.jp

アルベール・カルメットというフランス人の医師が1891年、ベトナムのサイゴン(現在のホーチミン)に狂犬病や天然痘の研究を行うための施設を開設した。ある日、そこにインドコブラが現れ、鋭い牙で近くにいた人たちを次々とかんで神経毒を注入していった。インドコブラの毒牙にかかった人たちの血管は破裂し、筋肉が麻痺したため、心臓や肺が機能しなくなって死亡した。

コアラを絶滅危機から救う遺伝学的プロジェクト

この恐ろしい事件を目にしたカルメットは、すぐにヘビ毒の研究に着手した。そしてウサギにインドコブラの毒を少量注射すると、体内で毒への抗体がつくられることをフランスに戻ってから発見し、これがのちに世界初のヘビ毒に対する血清の誕生につながっていく。カルメットはウマとロバを使った血清の生産を開始し、1895年には初めてヘビにかまれた患者を救うことに成功した。

血清の生産においては、いまでもカルメットが考案した手法が主流を占める。つまり、ヘビの毒を抽出してウマに注射し、その血液を採取するという中世のような作業が行われているのだ。これは費用や手間がかかるだけでなく、問題も起こりやすい。現状を変えるために必要なのは、猛毒のタンパク質のスープのレシピ、すなわち遺伝子とそのスイッチをオンにする周辺のDNAの情報である。

38本の染色体すべての情報が明らかに

こうしたなか、2年におよぶ国際チームの共同研究によって、インドコブラのゲノム解析が完了した。学術誌『Nature Genetics』に掲載された論文では、38本の染色体すべての情報が明らかにされている。ヘビ亜目のゲノム解析としては最も完璧なものだ。

ここにはインドコブラの神経毒をつくる遺伝子の詳細という、これまで誰にも解明できなかった情報が含まれている。科学者たちはこの研究が、新たな抗毒素の開発における道しるべとなることを願っている。

テキサス大学アーリントン校の進化遺伝学者トッド・カストーは、「こんなことは20年前に終わっていなければならなかったのではないかと思われるかもしれませんが、ヘビのゲノム解析という領域はこれまで完全なブラックボックスだったのです」と話す。なお、カストーは今回の研究には関わっていない。

科学者たちは当初、毒の生成に関係ある遺伝子について、体の維持管理などを行う無害な細胞に絡むものだと考えていた。ところが、この遺伝子はよく見られるDNAのコピーエラーとそれに伴う突然変異を引き起こすことが明らかになった。これが繰り返されると、タンパク質はさまざまなかたちで毒性をもつようになる。

結果として、毒をつくる上で鍵となる遺伝子の塩基配列は反復パターンが増える。このため正しく並べることは非常に困難だ。似たような形の雲がいくつも散らばっている空の絵のジグソーパズルを想像してみてほしい。それぞれのピースがどこにはまるのか、どうやって見極めればいいのだろう。

1/3ページ

最終更新:1/22(水) 19:10
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ