ここから本文です

宍戸錠さん 86年の豪快人生…本誌に語っていた“最後の目標”

1/22(水) 18:08配信

女性自身

俳優の宍戸錠さんが亡くなったと1月21日に発表された。86歳だった。各メディアによると死因は病死とみられているという。

宍戸さんは54年、8000人の応募の中から第1期日活ニューフェースに合格。映画「警察日記」でデビューを果たした。「渡り鳥」シリーズなどの殺し屋役で話題となり「エースのジョー」という愛称で広く親しまれることに。そのいっぽう「くいしん坊!万才」(フジテレビ系)でリポーターを務め、バラエティーでも活躍した。

名優ぶりはもちろんのこと、宍戸さんはその豪快さでも常に話題の的。女性関係も奔放だった。そういった性格から90年3月に息子の宍戸開(53)と小林聡美(54)の熱愛が報じられた際、本紙の取材に対し「ガールフレンドは何人もいたほうがいい。そんなに急いで恋人なんてきめつけないで、いろんなやつと付き合ってほしいんだな」「ただ、女にかまけて仕事をルーズにだけはしてほしくない」と“宍戸節”でエールを送っていた。

「激しい女性関係でしたが、妻・游子さんのことを一番愛していました。10年4月に游子さんが亡くなった際、宍戸さんは棺を開けてキスしたそうです」(宍戸さんの知人)

宍戸さんの晩年には2つのターニングポイントがあった。1つは、整形手術で頬のコブをとったことだ。

「デビュー当時は2枚目路線でしたが、56年9月に『このままでは“いい俳優”になれない』と思い、2度にわたる手術で頬を膨らませたのです。そうしたイメージチェンジは大成功。しかし01年3月、約44年ぶりの手術でコブを取りました。その理由は『自然に老いた姿を見せたい』といったもの。俳優魂の塊のような人でした」(映画関係者)

2つ目は自宅が全焼したことだ。64年に約500平米の土地を購入し、2年後に2階建ての豪邸を建築。そして家族5人で仲睦まじく暮らしてきたが、子どもたちが巣立ったのち游子さんが逝去。13年2月、宍戸さんが一人で暮らしている最中にそれは発生した。

火災の数日後、本誌が火災現場を訪ねるとそこには宍戸さんの姿が。共に現場検証をしていると「大事なものがあったよ! 結婚式の写真!」と赤いアルバムを手に満面の笑み。さらに「家が焼けたくらいで泣いたり、ビクビクしているヤツは男じゃないね。俺はそういう感じだから平気、平気」「俺は健在、こんなことに負けるか!」と息巻いていた。

火災から2年後の15年5月、高倉健さん(享年83)や菅原文太さん(享年81)といった盟友たちを偲びながらも「でもな、宍戸錠は90歳まで生きる。最終的にあと1本、映画を撮って死ぬ」と本誌に豪語していた宍戸さん。その目標を達成することはできなかったが、天国でも友らを前に意気軒昂だろう。

最終更新:1/22(水) 18:11
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事