ここから本文です

ブライト・アイズ、約9年ぶりとなる復活ライブの初日は東京で開催

1/22(水) 18:30配信

Rolling Stone Japan

フィービー・ブリジャーズとの新ユニット、ベター・オブリヴィオン・コミュニティー・センターでの活動も話題となったシンガーソングライター、コナー・オバースト率いるブライト・アイズがおよそ9年の時を経て復活。さらに、早くも来日公演が3月23日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されることも決定した。

フィービー・ブリジャーズが語る音楽的ルーツ、ロックの聖地サウンド・シティでの体験

2011年のアルバム『ザ・ピープルズ・キー』を最後に活動を休止し、それぞれソロやプロデューサーとして活躍していたブライト・アイズだが、先日「#BrightEyes2020」というハッシュタグと共にInstagramのアカウントを開設、バンドとしての再始動をアナウンスした。新たにインディ・レーベルのデッド・オーシャンズと契約したことも明らかになっており、ニューアルバムも準備中とのこと。

今回の東京公演は、現時点で5月のロサンゼルス、6月のニューヨーク、そして9月にイギリスで開催されるインディー・ロックとフォークの祭典「End Of The Road Festival」を含む全5公演の復活ライヴの初日となる。

来日公演の詳細は以下の通り。チケットは2月1日の一般発売に先駆け、クリエイティブマン会員先行が1月23日から26日まで実施される。

<来日公演情報>

BRIGHT EYES

日程:2020年3月23日(月)
会場:恵比寿LIQUIDROOM
時間:OPEN 18:30/ START 19:30
料金:オールスタンディング¥7,500(税込)
制作・招聘:クリエイティブマン 協力:BIG NOTHING

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:1/22(水) 18:30
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事