ここから本文です

大坂なおみ、レポーターの“失言”に粋な対応 現地喝采「抱腹絶倒の一例を示す」

1/22(水) 18:03配信

THE ANSWER

2回戦勝利後のインタビューで観衆の爆笑誘うシーンが

 テニスの4大大会・全豪オープンは22日、女子シングルス2回戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)は同42位ジェン・サイサイ(中国)を6-2、6-4で破り、3年連続の3回戦進出を決めた。地元メディアは試合後のオンコートインタビューでレポーターの勘違い質問に対して炸裂したナオミ節を「抱腹絶倒の一例を示す」と絶賛している。

【動画】本人もお気に入りの瞬間!? インタビュー後にファンの声援に応え、ダブルピースする大坂は満面の笑み

「なんてことだ 生中継のインタビューでアッシュ・バーティに関する失言でレポーターが赤っ恥」と特集したのは、ヤフースポーツ豪州版だった。

 ハイライトは試合後に待っていた。マーガレット・コート・アリーナで行われたオンコートインタビュー。大会連覇でナンバー1返り咲きの意気込みを聞かれた大坂は「オー、レアリー?(本当に?)」と破顔一笑。観衆もこの反応につられて大爆笑していた。

 爆笑の理由はレポーターの勘違いにあった。「ごめんなさいね! アッシュは2000ポイント以上、私をリードしているの。私は(2000ポイントを)守らないと、本当にトップ10から落ちちゃうのよ」と笑いをなるべく堪えるかのように両手で頬をおさえながら、ナオミ節を炸裂させた。

豪ヤフーも称賛した大坂の対応「抱腹絶倒ものの一例を示した」

 グランドスラム優勝で手にできるポイントは2000。地元オーストラリアの女王アシュリー・バーティは8000ポイント以上をキープ。4位の大坂は2500ポイント近く離されており、優勝でも1位返り咲くことはできない。

 さらには、昨年度の全豪優勝分が2000ポイントあるために、今大会の勝ち上がり次第では大きくランキングを落としてしまう可能性もあるのだ。

「そうね。それは私にとっては朗報……かしらね」と赤っ恥のレポーターをフォローする気遣いを見せていた大坂。記事では「ナオミ・オオサカは良いインタビューのためにリサーチがいかに重要かという抱腹絶倒ものの一例を示した」と機転の利いた対応を称賛していた。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/22(水) 19:06
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事