ここから本文です

<シロクロ>吉田美月喜、メンタリスト役の横浜流星に「心を読まれないようにしたい(笑)」

1/22(水) 7:30配信

ザテレビジョン

清野菜名と横浜流星が闇に隠された真実を忖度なく暴いていくドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系)。清野演じる川田レンは、かつて“天才美少女棋士”と呼ばれた囲碁棋士と“クロ”と認定したターゲットを嬉々として公開処刑する“ミスパンダ”という二つの顔を持っている。そんなレンのことを勝手にライバル視しながら、“ミスパンダ”に憧れを抱いている囲碁の中学生チャンピオン・東山楓を演じているのが吉田美月喜だ。本作が連続ドラマ初出演となる彼女に、ドラマの意気込みやプライベートについて語ってもらった。

【写真を見る】“特大パンダ”との撮影に大喜び!

■ 負けず嫌いなところは似ているかな(笑)

――本作が初の連ドラ出演とのことですが、決まったときの感想から教えてください。

決まったときはうれしかったです。ただ、失敗はできないという緊張感がすごくて…。頑張らなきゃと思いました。連ドラというチャンスをいただけて本当にありがたいです。

――楓はどのような人物だと思いますか?

元気で、後先考えずに常に真っすぐ歩いているような子で、大人にも物おじせずにハッキリと自分の意見を言えるカッコイイ女の子です。そして負けず嫌いなところは似ているかな(笑)。でも私は年上の方に対して、言葉遣いなど礼儀を意識するようにしているので、楓みたいにおじさんたちと仲良くなって、一緒に喫茶店で碁を打てるのが羨ましいです。

――役づくりはどのようにされていますか?

私は高校2年生なのですが、もともと実年齢よりも年上に見られることが多いので、どうやったら中学生らしい若さゆえの元気を出せるか考えました。映画を観たり、いろいろ勉強もしてますが、なかなか難しいです。

■ 囲碁の対戦ゲームは負けっぱなしです

――負けず嫌いなところが出ていますね(笑)。

そうですね(笑)。私は子供のころからテニスをやっているんですが、テニスでも負けたらすごく悔しんです。次は絶対に勝ってやろうって、泣きこそしないけどお腹の底から闘志が沸いてくる感じで。それは演技も同じで。自分がイメージしていた形にならなかったり、体が動かかなかったりするとすごくもどかしいです。もっと自分の技術を磨いて思い描く芝居ができるようになりたいです。

――楓は囲碁の中学生チャンピオンですが、囲碁をやったことはありました?

全く経験なかったです。触るのも初めてで、囲碁ってオセロみたいに四角に囲まれたところに石を置くんだと思っていたくらいでした(笑)。この役が決まってからはまずは囲碁キットを購入するところから始めました。あとはゲームアプリで対戦をしていますが、負けっぱなしですね。できるようになるときっと楽しいんだと思うのですが、そうなるにはまだまだかかりそうです。

――現場では皆さんで碁を打っているんですか?

現場では撮影に関係なく出演者の方と囲碁を打っているんですが、清野(菜名)さんが他の方の手を見て『こっちに置けばいいのでは?』とアドバイスしているのを聞いて…。忙しい中でも囲碁のことをマスターしているんだと思って焦っちゃいました。さすがですね。

■ 横浜流星さんはすごく優しくて!

――楓の学校が舞台になる第4話(2月1日・日放送)では、清野さん扮する“ミスパンダ”の活躍を間近で見られますね。

これがすごく楽しみにしていたシーンなんです。清野さんのキレキレのアクションを間近で見られて興奮しました! アクションできる方ってすごくカッコイイし、憧れです。私も体を動かすのが好きなのでアクションできるようになりたいと思っていて…。演技の幅も広がると思うので、いずれはアクションもできる女優になりたいです。

――横浜流星さんとのシーンも今後増えていくようですが…。

一度だけ、この作品の前にPVでご一緒したんですが、すごく優しくって。そんな先輩の足を引っ張らないように、頑張って演技したいです。あと、メンタリスト役なので、心を読まれないようにしたいです(笑)。

――これまで印象に残っているシーンはありますか?

やはり第1話の楓の登場シーンです。最初に撮影したのですが、私自身がドキドキしていて…。楓は何事もないようにバーンと喫茶店に入っていくので、自分のドキドキが出ないように気をつけました。インパクトのあるシーンなので、お気に入りです。

――ちなみに、もしご自身を動物に例えるなら何ですか?

う~ん…、カバかな? 見かけは結構おっとりしていますが、実は負けず嫌いなところがあったりとギャップがあるので。あと、水中でも地上でも生きていけるということろは憧れですね。私もそういう風に、どこでも生きられる女優になりたいです。

――最後に、ドラマでは“ミスパンダ”が世の中のあいまいなことにシロクロつけていきますが、何かシロクロつけてもらいたいことはありますか?

私はホラーとか好きなんですが、“お化けって本当にいる?”のか教えてもらいたい。いないと寂しい気がするのでいてほしいですが、いると怖いし…。そのあたりをはっきりしてほしい(笑)。“ミスパンダ”さん! よろしくお願いいたします!!(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

最終更新:1/22(水) 7:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事