ここから本文です

リバプール守護神、“9人抜き”の90m超ダッシュに伊紙反応 「記憶に残る歓喜の疾走」

1/22(水) 15:40配信

Football ZONE web

サラーのゴールを演出したGKアリソンが自陣から猛ダッシュで大注目

 リバプールのブラジル代表GKアリソンは、現地時間19日に行われた本拠地アンフィールドでのプレミアリーグ第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)で鮮やかなロングフィードを決めてアシストを記録した。イタリア紙はアリソンがその後に見せた“仲間9人抜き”の猛ダッシュに関して、「記憶に残る歓喜の疾走」と報じている。

【動画】「記憶に残る疾走」と伊紙注目 リバプール守護神アリソンの“9人抜き”90m猛ダッシュの様子

 日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなったなか、リバプールとユナイテッドの“ナショナル・ダービー”は白熱の展開となる。前半14分にセットプレーからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがヘディング弾を決めて先制。その後、ネットを2度揺らすもオフサイドとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入で得点は認められず最少得点差のまま、試合は後半アディショナルタイムに突入した。

 ユナイテッドのセットプレー崩れのボールをキャッチしたアリソンは、すかさず最前線のサラー目掛けてロングフィードを供給。自陣センターサークル手前から抜け出したサラーは、そのままドリブルで持ち込み、マーカーにチェックを受けながらもスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩してダメ押しの2点目を奪った。

 アリソンは得点が決まった瞬間に猛ダッシュ。ピッチを駆け上って次々と味方選手を抜き、敵陣のゴールライン際で喜ぶサラーの元へ一番乗りでたどり着くと、膝ダイブを見せてエースとともに歓喜に浸った。

 リバプール公式ツイッターが「相手のゴール裏へ10秒以内。アリソンとサラーが拍手に応える(お辞儀)」と動画付きでレポートしていたが、イタリア紙「ラ・レプブリカ」もアリソンのアシスト後の行動を描写している。

「90+3分、ゴールからゴールへ走り、チームメイトのゴールを祝福。リバプールのアリソン・ベッカーは、フィールドを横切ってまるで(自分が)得点したかのように相手側のフィールドへ、記憶に残る歓喜の疾走を見せた」

 正確無比なロングフィードもさることながら、歓喜のダッシュも世界から注目を浴びていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/22(水) 15:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ