ここから本文です

ユナイテッド、ルーニー以来の“16歳新星”に43億円超オファーか ビッグクラブ争奪戦へ

1/22(水) 22:20配信

Football ZONE web

バーミンガム所属の16歳MFベリングハムを巡り、リバプールやバイエルンも興味

 マンチェスター・ユナイテッドが、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティFC)以来、イングランドで最もエキサイティングな才能を持つと称されるバーミンガム所属の16歳MFジュード・ベリングハムに3000万ポンド(約43億円)超のオファーを出したと英紙「ザ・サン」が伝えている。

 7歳でバーミンガムに入団したベリングハムは、15歳にしてU-23の試合に出場するとゴールを決めるなど活躍。昨年8月に行われたイングランドのリーグカップ、カラバオカップ1回戦のポーツマス戦に16歳38日で出場した。バーミンガムのレジェンドであるFWトレバー・フランシスが1970年に記録した年齢を更新し、クラブ史上最年少でトップチームデビューを果たしており、今季はリーグ戦25試合に出場し、4ゴールをマークしている。

 現在は週145ポンド(約2万円)の奨学金を得ているものの、ヨーロッパのトップクラブのスカウトたちがセント・アンドリューズで行われるホームゲームをこぞって視察して状況だという。6月23日に17歳の誕生日を迎えた際、破格の契約が確実となっている超期待の新星だ。

 ユナイテッドも獲得を狙うクラブの一つで、ザ・サン紙によると同クラブは3000万ポンド超えのオファーを提示する意思があるようだ。

 ただ、他にも昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制し、今季はプレミアリーグで首位を独走しているリバプール、リーグ2連覇中のマンチェスター・シティ、アーセナルやドイツ王者バイエルン・ミュンヘン、強豪ドルトムントなどがベリングハムに目をつけて、争奪戦の様相を呈している。記事では、ユナイテッドが高額オファーを出したとしても、ライバルチームに容易に超されてしまうとの見解を示している。

 才能溢れるベリングハムを巡る争奪戦は、どのような決着を見るのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/23(木) 20:48
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ