ここから本文です

“無化調ラーメン”が650円とは…!店主のラブが詰まった中華そば

1/22(水) 8:31配信

週刊SPA!

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

⇒【写真】手作りのワンタンも美味しい

 みんな大好き定番の中華そば。定番の中でも昨今の流行スタイルといえば、澄んだスープに美しい中細麺、ピンクなレアチャーシューではないかと考えているすすり子です。さらに無化調(化学調味料、現在で言う「うま味調味料」を不使用)のものもたくさん。店主さまたちの努力と工夫に思いをはせると胸がアツくなります。中でもすすり子が衝撃を受けた中華そばがあります。

いわゆる“無化調ラーメン”が650円とは安いっ

 それが『中華そば さわ』の特製中華そば(850円)。「特製」というのはいわゆる「トッピング全部のせ」です。

 こちとらほぼ毎日ラーメンを食べているわけですが、850円はシンプルな基本の中華そばでよくある価格。そこに全部のせをするとだいたい1000円前後かかります。でも『さわ』では「特製中華そば」が850円。基本の「中華そば」は、650円!

 ん――、安いっ!急にここだけ物価が変になりました。そうなるとやはり特製ポチできちゃうよネ?

 着丼から動物と魚介の香りがプンップンです。はぁ~ん、スケベじゃん?この興奮が好きです。ひとくち含めば、ぎゅううううっとお出汁の味…!泌み入るぅ~~~舌が喜んでいます。まさかこの風味は…「無化調スープ」!! ひえぇ。このお値段で?まいったまいった。

このお値段でこのスープ…いかに大変か

 無化調スープの手間のかかり方が尋常じゃないって話をさせてください。だって、使う素材には個性がある、でもお店の味は毎日同じにしなければならないわけです。そこで素材の個性差を上手にカバーするのが、うま味調味料です。それを使わないということは、ほんっとーに繊細な調整が必要になるのです。

「無化調のほうが美味しい」という意味ではなく、ラーメン愛と努力がないとできないという意味で、ものすごい技であるとすすり子は思っております。

 中細麺がスープをグイグイっと持ち上げる。ドン、ピシャってハマってます、この麺。そして綺麗~なピンクしたチャーシューちゃん。ありがたく噛みしめると、じゅわ~~ってお口に脂が溢れ出す。ジュ~シィ~~~。そしてお肉のニクニクしいうまみたちが追いかけてくる。

1/2ページ

最終更新:1/22(水) 8:31
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事