ここから本文です

男たちを骨抜きにした魔性のお酒「アブサン」の話

1/23(木) 19:00配信

GINZA

天使か悪魔か? スキャンダラスなお酒

ネオンが街を彩り始める頃、胸にふつふつと湧き上がる「今夜は何を飲もうかな」。お洒落なバーでアルコールを楽しむひと時は、お酒の歴史やうんちくを知れば、きっとより一層味わい深いものになるでしょう。ちょっとタメになってクスッと笑える、そんなバーテンダーの囁きをあなたへ……今回は芸術家を虜にしたアブサンのお話をBar Culterのオーナー川渕陽介さんが教えてくれました。

ABSINTHE(アブサン)ーそれは、魅惑の響き。ヨーロッパで広く愛されてきたのですが、その中毒性から多くの中毒者や犯罪者を出したことでも知られるため、“悪魔の酒”や“禁断の酒”の異名と逸話が語り継がれてきました。

17世紀にスイスで誕生したと言わせるアブサンは、もともとは医師が薬酒として作っていたニガヨモギの蒸留酒が発祥だと伝えられています。製法が実業家に売却され、薬草系リキュール商品となってヨーロッパ各国で販売されました。日本でも、コアなファンが存在するそうですが、アブサンの何がそんなに魅力的なのでしょうか?

「他のリキュールと一線を画すのは、何と言ってもエッジの効いた唯一無二の香りと味!さらに飲み方も個性的で、専用の機器(ファウンテン、アブサンスプーン、アブサングラス)が存在します。これら道具を使って、アブサンスプーンをグラスの上に渡してその上に角砂糖を置き、その上にアブサン用のウォータードリップ(ファウンテン型)を使って水を滴下するやり方で出来上がりです。道具も安い物ではありません。手間とお金の掛かるお酒です……」

もちろん、ここまでしなくても飲むことはできます。クセの強さをスパイス的な役割として、カクテルへ。梨なんかがよく合うそうです。シーズンは終わりかけですが、イチゴもOK。日本にもアブサンのコアなファンは一定数いるといいます。アブサンに力を入れるバーもありますので、気になる方は足を運んでみてください。

1/2ページ

最終更新:1/23(木) 19:00
GINZA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事