ここから本文です

今年こそ「Financial literacy(お金の知識)」を爆上げしたい!お金の重要英語フレーズ

1/23(木) 12:11配信

Suits-woman.jp

正月休みが終わり、さっそく職場でバリバリ働いている方も多いことでしょう。どんなに仕事ができるキャリアウーマンでも、お金や経済の話になると全くついていけない、なんて人もおり、それが英語となればなおさらです。海外のニュース記事などを見て、何の話をしているのかざっくりでいいから把握したい!今年は資産形成も始めたい!そんなあなたのために、お金や経済に関する簡単かつ重要な英語フレーズをご紹介します。

お金を稼ぐは「earn money」。お金を貯めるは「save money」

英語圏のことわざに「Money doesn’t grow on trees」というものがあります。直訳では「お金は木にならない」となり、意味としては「お金は次から次へと勝手に入ってくるわけではない」ということを表しています。お金は木にならないのですから、当然自ら稼がなければなりません。お金を稼ぐことを「earn money」や「make money」と言います。

「I want to make a lot of money!(たくさんお金を稼ぎたい!)」と思っている人もきっと多いことでしょう。でもいくらお金を稼いでも、すべて使ってしまっては資産を形成することができません。稼いだお金の一部を継続的にためていくことが大切です。

「お金を貯める」を英語で言うと「save money」となります。お金は貯めるより使う方がはるかに簡単なので、多くの人がお金を貯めるのに苦労します。そのため、「5 way to save money efficiently(効率的にお金を貯める5つの方法)」といった、お金の貯め方に関するHow to記事が非常によく読まれています。

特にアメリカ人はお金を使うのが大好きです。アメリカは「The largest consumer in the world(消費大国)」などと言われることもあり、「Household spending(家計支出)」が非常に大きい国です。「Spending(支出)」をコントロールし、「Income(収入)」よりもできるだけ低くすることが、お金を効率的に貯めるのには不可欠です。

1/3ページ

最終更新:1/23(木) 12:11
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ