ここから本文です

ラファエル、発注ミスで4000万円分のプロテインを抱えるも“時給日本一YouTuber”の商才発揮

1/23(木) 7:04配信

リアルサウンド

 “時給日本一のYouTuber”を自称するラファエルが1月17日、公式YouTubeチャンネルに「プロテイン発注ミスで大赤字を隠蔽し4000万円分の在庫抱えることになった」というタイトルの動画を投稿した。

 動画のオープニングで登場したラファエルのマネージャー・イーサンは、「今までいろんなヤラセやってきましたけど、ガチやもん!」と頭を抱えた。撮影場所はいつものラファエルの自宅兼事務所。後ろには、うずたかく積まれたダンボールの山がズラリと並べられていた。イーサンによると、ラファエルがイメージモデルをしているプロテイン「Superior One」を2個発注するところを、ラファエルのスタッフの一人・ゆうた君が0を2つ間違えて、「200箱届いてしまった」とのこと。

 その後帰宅したラファエルは開口一番「うわぁああ、何これ!? どうしたん!?」と驚きを露わに。2個を200個と間違えて発注したことを知ると、「ええええ!! 2桁間違えんの!?」と絶叫し、「それお前、彼女とオカン間違えて寝るんと一緒やぞ!(笑)」とツッコミを入れた。

 これまでにも、1000万円相当のダイヤを破壊されたり、現金2000万円をシュレッダーにかけられたりと、高額なお金の絡むドッキリを多数仕掛けられてきたラファエル。しかし、ダイヤは偽物で、2000万円も紙といったように、それらはあくまでドッキリであってリアルではなかった。そのため今回もドッキリだと信じたいラファエルは、イーサンが「もう、開けらんといて!」「ドッキリちゃうから」と制止するのに耳を貸さず、次々とダンボールを開封していった。

 開封するダンボールすべてにぎっしりとプロテインが詰められていることを確認すると、ラファエルは「ガチやん! もう全部入ってるやん!」と絶望。ゆうた君曰く、発注元からは「返品はできません」と念を押されたということで、急遽、この4000万円分の在庫をどうするか作戦会議が行われることになった。そこでラファエルは、インスタグラマーをはじめとしたインフルエンサーにプロテインを無償提供し、良いと思ったらSNSで宣伝してもらうという作戦を発案し、実際にそれを実行することになった。

 この「誤発注」がリアルなのか、意図したものなのかはわからない。しかしいずれにしても、自身がイメージキャラクターを務めるプロテインを動画で大々的かつ効果的にプロモーションし、かつ、インフルエンサーに拡散してもらうという施策を打ち出すあたり、“時給日本一のYouTuber”らしい商才が垣間見えるというものだ。

こじへい

最終更新:1/23(木) 7:04
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ