ここから本文です

大人の女性にとってショートヘアが最強な理由|女は、髪と、生きていく

1/23(木) 6:00配信

幻冬舎plus

佐藤友美 (ヘアライター・エディター)

昨秋発売になり、発売即重版となった『女は、髪と、生きていく』。本書はヘアライターとして20年近く活躍してきたNo.1ヘアライター・佐藤友美(さとゆみ/Twitter:@SATOYUMI_0225)さんの最新刊になります。髪の本であるにも関わらず、「泣きました」「人生のスイッチが入りました」「美容師として全同業者とお客さんに読んで欲しい!」と発売直後から反響続々の本書。テレビや雑誌、新聞、ウェブで紹介され続けています。今回は、大人女性こそショートヘアにすべき!理由をこれでもかとお話します。

ショートは、強い気持ちで選ぶ

年齢があがると、ショートヘアの意味は変わります。

というのも、統計的に、40代後半から50代になるにつれ、ロングヘア人口を、ショートヘア人口が上回っていくからです。これは、髪が痩せる、コシがなくなる、傷みやすくなるといった、さまざまなエイジングの問題がからんでくるからでしょう。

ですから、年齢があがると、ショートヘアのほうがむしろ普通で、ロングヘアのほうが、頑張った結果、今もロングヘアをキープしていますという印象になります。

ある女性がこんなことを言っていました。

「女は美容院で2度絶望するんです。一度は美容師さんに『そろそろ白髪染めを使いましょうか』と言われたとき。もう一度は美容師さんに『そろそろショートにしましょうか』と言われたとき」と。

なるほど。大人になってからの「そろそろショートにしましょうか?」は、「もう、あなたの髪はロングをキープできる元気がないですよ」という意味に聞こえるわけですね。

たしかに、髪が細くなりぺたんこになったら、ショートがおすすめです。ロングと違って、髪の重さで下に引っ張られないので、トップにふんわりボリュームが出しやすいのです。白髪が増えるとカラーリングを続けるのも大変です。だから美容師さんも、毎日の手入れを考えてそう言ってくれるのかもしれません。そのさりげない気遣いに、逆に傷ついてしまう女心もわかります。

でも、と言わせてください。

黒木瞳さんや石田ゆり子さんなどの例を挙げるまでもなく、大人女性のショートヘアは、もともと素敵なものです。

だから、大人のショートほど「私は自分の意志で、このショートを選んでいるのです」という気持ちを強く持ってください。

それがもし、髪質のためにやむなく選んでいるショートだったとしても、そのショートの中で、一番自分が気に入る色や形を手に入れて、堂々と「私はこのショートが気に入っているから、ショートなのです」と思って過ごしてください。その気持ちの持ちようは、必ず、あなたの魅力を底上げしてくれます。

1/2ページ

最終更新:1/28(火) 11:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事