ここから本文です

ステージⅣからステージⅠに?腫瘍内科医が語る「原発がん」の意味

1/23(木) 17:01配信

現代ビジネス

 がんの専門医である腫瘍内科医の診療現場を舞台に描かれるドラマ『アライブ・がん専門医のカルテ』。先週は、男性の乳がんや20代の乳がん患者などがSNSでも話題をさらった。

乳がんリスクを高める5つの習慣~最新研究から~

 「私自身ががんの経験者で、普段から多くのがん仲間と過ごすことが多いからでしょうか。登場する人物のこれまでの人生や、今抱えているであろう不安、または心情に胸が熱くなるシーンが多い。そしてなにより、治療場面や会話には、がん医療を知るうえで重要なヒントが随所に散りばめられていると感じます」というのは、乳がんサバイバーでこの記事の筆者でもある美容ジャーナリストの山崎多賀子さんだ。

 今まで、2回(「腫瘍内科医とは」/「男性乳がん」)の記事をお伝えしたが、今回は、1話から頻繁に出てきている、がんでよく使われる「ステージ」「原発」「転移」について、ドラマの企画協力医でもあり、がんの最前線で腫瘍内科医として活躍する日本医科大学付属武蔵小杉病院腫瘍内科の勝俣範之医師に、山崎さんが聞いた。

いざというとき、これだけは必須ながんの基本知識

 1話にこんな場面があった。胃がんの「肝転移」で「ステージⅣ」と診断された男性患者が登場する。彼は、ステージⅣであることに絶望している。しかし、肝臓への転移は「画像のみ」での診断で「肝臓生検」を行っていなかった。主人公の腫瘍内科医はその患者のカルテを診て疑問を持っていた。結局、肝臓生検の検査結果が出てみると、肝臓にできたがんは、胃がんの転移ではなく、「原発」だとわかり、肝臓がんも胃がんもともに、「ステージⅠ」であることが判明し、医師たちが安堵して喜ぶ、というシーンだ。

 ドラマ内では細かい解説までは描かれてなかったが、実はこのやりとりの内容は、患者や家族にとって天と地を分けるほど大きなキーワードが詰まっている。

 ここに出てくる「ステージ」「原発」「転移」という言葉。がんの場面では、比較的よく出てきて罹患経験がなくても聞いたことがあると思うが、意味を正しく認識している人は少ないかもしれない。今回は、まずこの言葉について勝俣医師に解説していただこう。

 「がんの“ステージ”は、がんの種類によって条件が異なりますが、がんの病期、つまり進行度合いを示し、早期のステージⅠからステージⅣまであります。ちなみにステージ0期は超早期のがんです。ステージⅣは、他の臓器へがんが転移している状態で、根治が難しいとされています。

 “原発(原発巣:げんぱつそう)”とは、最初にがんが発生した臓器の病変のことです。もし胃にがんが発生すれば、原発は胃がんです。その胃がんが他の臓器で増殖し目に見えるレベルになることを、“転移”といいます」(勝俣医師)

----------
勝俣範之医師
国立がん研究センターに20年勤務した後、日本医科大学武蔵小杉病院に腫瘍内科を開設。抗がん剤治療の第一人者であり、緩和療法に精通。誤解されがちながん情報をわかりやすく解説する。
----------

 前の記事にも触れたが、増殖能力が旺盛ながん細胞は、原発巣から血液やリンパにのって全身をめぐり、他の臓器にも転移しようとする。転移先の臓器で増殖し臓器障害を起こせば命にかかわる。患者にとって不気味なのは、がん細胞の得体の知れなさだ。正常な細胞には寿命があってつねに新しい細胞と入れ替わるのに、一部を除くがん細胞は休眠することはあっても自然死せずに増殖し続けるというのだから、なんとも憎たらしい。

1/4ページ

最終更新:1/23(木) 17:01
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事