ここから本文です

新婚の橋本マナミが夫の浮気を疑う“人妻エキストラ”に!「私が夫に相手にされなかったら寂しいだろうな…」〈エ・キ・ス・ト・ラ!!!〉

1/23(木) 12:00配信

ザテレビジョン

ドラマの中に空気のように存在するエキストラ。そんな彼ら彼女らにスポットライトをあてた異色のオムニバスドラマ「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」(毎週木曜夜0:55-1:25、カンテレ)の第2話が、1月23日(木)に放送される。(1月23日は夜0:56~放送)

【写真を見る】人妻エキストラを演じた橋本マナミが語る役の魅力とは?

第2話のゲスト主人公は、橋本マナミ。橋本は友達に勧められてエキストラを始めた主婦・飯山裕子を演じる。夫婦仲は冷めきり、毎日帰りの遅い夫の浮気を疑う裕子は、ひょんなことからエキストラをまとめるリーダーに指名され「スーパーエキストラになる!」と意気込むが、SNSに投稿した動画がネットのニュースをにぎわす大騒動になる。

裕子役について橋本は「純粋でなんでも一生懸命に取り組んでしまう真っ直ぐさ。空回りしてたりもするけど可愛らしい女性だと思います」とその魅力を話す。また自身も最近結婚した橋本は、人妻役を演じるうえで「私は今新婚なので裕子とはちょっと立場が違いましたが、私が夫に相手にされなかったら寂しいだろうな…とか、その辺は自分にかぶせて想像でき、演技にも取り入れました。家庭で不安を抱える部分と、エキストラの仕事場での裕子の差を出せる役だったのでとてもやりがいのある役柄でした」と語った。

さらに見どころについて「平凡なエキストラだった裕子が、リーダーエキストラに任命されたことをきっかけに変化します。その変わり方はアイディアを出しながら監督と作ったので面白く見ていただけたらなと思います」とアピールした。

■ <2話のストーリー>

恋愛ドラマ『猟奇的な君を宇宙の果てまで追いかける』が、なぜか謎のモンスターが大暴れするパニックドラマと化すなか、助監督の矢部夏樹(水上京香)はエキストラのひとり・飯山裕子(橋本マナミ)に目を留める。裕子はかつて自主制作映画のスタッフを務めていたことがあり、現場での状況判断も的確。そんな彼女に感心した矢部は、エキストラたちをとりまとめるリーダーを依頼する。

裕子は家事のかたわら、暇つぶしのつもりでエキストラを始めた主婦。夫婦仲は冷めきり、毎晩のように帰りの遅い夫・幸太郎(岡部尚)からは浮気を疑わせる気配が。そんな生活に寂しさを抱えていた裕子は、リーダーに指名されてがぜん張り切り、“スーパーエキストラ”を名乗って現場の様子をSNSに投稿し始める。

そんな折、裕子はドラマの宣伝に貢献しようと、撮影の合間に撮った動画をSNSにアップ。これにとんでもないものが映っていたことから、ネットニュースをにぎわす大騒動となり…。(ザテレビジョン)

最終更新:1/23(木) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事