ここから本文です

宇佐卓真が“学校イチのモテ男”役、キスシーンや特技のバスケを披露<鈍色の箱の中で>

1/23(木) 15:13配信

ザテレビジョン

LINEマンガをドラマ化した「鈍色の箱の中で」(2月8日[土]スタート 毎週土曜深夜3:00-3:30、テレビ朝日)に、宇佐卓真が出演することが決定した。

【写真を見る】唇まであと5cm…! 宇佐卓真と久保田紗友の胸キュンな密着ショット

同ドラマは、分譲マンション(鈍色の箱)を舞台に、幼なじみの高校生たちの初恋を描く切なくも危険な偏愛ラブストーリー。

高校生役の主要キャストを久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩が務める他、筧美和子の出演も決定している。

恋愛リアリティー番組「太陽とオオカミくんには騙されない」(AbemaTV)などで十代を中心にブレークした宇佐は、本作で“学校イチのモテ男”本田先輩を演じる。

本田先輩は全女子が憧れるバスケ部のエースで、久保田演じるヒロインの美羽に思いを寄せる人物。女子の集まる中で美羽に告白したり、美羽に強引にキスを迫ったりと胸キュンシーンの多い役どころだ。

宇佐はドラマで初のキスシーンを演じるとあり、クランクイン前は不安だったというが、「(共演者と)一緒にTikTokの撮影をしたりしたので、楽しく演じることができました」と振り返った。

また、自身は小中学校で実際にバスケ部に所属しており「試合のシーンは、望月さんと事前練習もしてがんばったので、ぜひご注目ください!」と見どころを語っている。

■ 宇佐卓真コメント

息子や弟などの役が多い僕にとって、“モテ男”はあまり演じたことのない役柄。さらにドラマで初めてのキスシーンもあり、クランクイン前はとても不安でした。けれど、現場では共演者の皆さんが優しく話しかけてくれたり、一緒にTikTokの撮影をしたりしたので、楽しく演じることができました。でもさすがにキスシーンは緊張しましたね(笑)。

バスケ部のエースという役柄ですが、実は僕も小中学生のときバスケ部に所属していました。大好きなバスケを作品の中でできるのはすごくうれしかったです。試合のシーンは、望月さんと事前練習もしてがんばったので、ぜひご注目ください! 本田先輩は少し強引な性格ですが、その反面、真っすぐな気持ちを持っている人。この作品には本田先輩以外にも、個性豊かな登場人物がたくさん。それぞれのキャラクターの目線で楽しんでほしいです!(ザテレビジョン)

最終更新:1/23(木) 15:13
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ