ここから本文です

“よしお兄さん”&“りさお姉さん”がドラマ初共演!「いつも通りにやるのが1番」変わらないチームワークを披露

1/23(木) 19:16配信

ザテレビジョン

2月1日(土)にスタートする前田敦子主演のドラマ「伝説のお母さん」(毎週土曜夜11:30-0:00、NHK総合)に「おかあさんといっしょ」(毎週月~土曜朝8:00-8:45、NHK Eテレ)に出演していた、小林よしひさと上原りさがドラマで初共演することが分かった。

【写真を見る】小林よしひさ、上原りさ出演!「おかあさんといっしょ」映画場面写真

本作は、かねもとによる同名コミックをドラマ化した“RPG子育てストーリー”で、ロールプレイングゲームの世界に生きる“伝説の魔法使い”メイ(前田)が、平穏な日々の中で第1子を出産するも、魔王(大地真央)の封印が解かれ復活したという知らせが届き、家事に育児に冒険に奮闘しながら「育児」と「世界平和」の両立を目指す姿を描く。

今回出演が発表された小林と上原は、体操とうたが得意な魔界のタレントで、魔王が人間界について学ぶためのDVDシリーズに登場する魔界のお兄さん、お姉さんを演じる。

小林は「最初は『おかあさんといっしょ』の“よしお兄さん”が出ているっていう感覚でご覧になると思うんですけれども、またちょっと違ったコミカルな部分と、“魔界のお兄さん”っていう面白さを感じていただけたら」とコメント。

上原は「このドラマをきっかけに、旦那さんと奥さんが一緒に子育てしていけるような、気づきがある作品になると思いますので、メッセージを感じていただきたいです」と語った。

■ 小林よしひさ「むしろいつも通りにやるのが1番」

――出演依頼を受けたとき、どう思われましたか?

小林:「おかあさんといっしょ」の経験を生かした作品のオファーは来そうだな~と思っていて(笑)。「伝説のお母さん」は社会風刺がたくさん入っていて、とても面白くて、ぜひやりたいなと思いました。

上原:私はびっくりしました!(笑)

でも「おかあさんといっしょ」を卒業してから、“魔界のお姉さん”役をやるのも面白いのかなと思い、お話を受けさせていただきました。

――ドラマということで、違いを感じたことはありましたか?

小林:ドラマと言えど、お兄さんらしさが求められていると思ったので、むしろいつも通りにやるのが1番だと思いました。

上原:そうですね。たぶん大丈夫だと思っていました。

――現場では息の合った様子で、どんどん撮影が進みましたね。

小林:子どもたちがいる現場なので、ちょっと時間がかかったら、みんなの集中力が切れてしまうんです。なので、事前に準備できるところはして、スピーディーに撮影できるよう、お互い心がけています。

上原:そこは「おかあさんといっしょ」時代から変わっていないですね。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします!

小林:最初は「おかあさんといっしょ」の“よしお兄さん”が出ているっていう感覚でご覧になると思うんですけれども、またちょっと違ったコミカルな部分と、“魔界のお兄さん”っていう面白さを感じていただけたら。

ドラマの中にしっかりとしたテーマがあるので、お父さんお母さんたちには少しずつ感じてもらえるといいかなと思います。楽しみつつも、自分の勉強になるような素敵な内容になっておりますので、楽しみにしていてください。

上原:このドラマをきっかけに、旦那さんと奥さんが一緒に子育てしていけるような、気づきがある作品になると思いますので、メッセージを感じていただきたいです。みんなで協力して子どもたちを育てていけるような社会になれるように、私もこのドラマで学びたいと思います!(ザテレビジョン)

最終更新:1/23(木) 19:16
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ