ここから本文です

マンUで「野望が満たされていない」 ポグバ代理人、今夏移籍の噂に意味深発言

1/23(木) 16:01配信

Football ZONE web

レアル移籍浮上のポグバ、代理人のライオラ氏が英メディアで去就に言及

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が、注目を集める去就について今夏にも動きがあると示唆した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【移籍一覧】2019-20退団&新加入選手|海外リーグ冬の移籍市場

 レアル・マドリードへの移籍が噂され続けているポグバだが、クラブとの契約も2021年6月までとなり、今夏にも新たな動きがあると見られている。代理人のライオラ氏は、今夏の移籍について「確かなことは言えない」と確信については触れなかったが、ユナイテッドがポグバの野望を満たすことができていないことを示唆し、なんらかの動きが起こる可能性もほのめかしている。

「(ポグバの移籍について)確かなことは言えない。現在の彼はハッピーではない。それはプレーしていないからだ。彼はリカバリーの最中だ。ポールはプレーできなければハッピーではない。しかし、私は誰もが戻ってくるとは思っていない時に、彼がマンチェスター・ユナイテッドに戻ってきたのを見た。みんなそのことを忘れがちだ。彼がサインする唯一のクラブがマンチェスター・ユナイテッドだと想像しがちだ。彼はマンチェスター・ユナイテッドを選んだんだ」

 ライオラ氏はポグバがユナイテッド以外のクラブと契約する可能性があることを忘れてはならないとしたうえで、「昨年、双方の野望が満たされていなかったことは誰もが知っている」と語り、ユナイテッドがポグバの望むレベルではなかったことを指摘した。今夏にはポグバの去就に関する、なんらかの動きがあることは確実のようだ。

「我々はこの夏、マンチェスター・ユナイテッドのプランにポールがまだ含まれているのか、あるいはポールのプランにマンチェスター・ユナイテッドが含まれているのかを確認する必要がある」

 2016年にクラブ史上最高額の8900万ポンド(約128億円)で復帰したポグバだが、マンチェスターでの挑戦はこれがラストシーズンとなるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/23(木) 16:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ