ここから本文です

高木さん、ステップの話使わせてもらっています!【川口和久のスクリューボール】

1/24(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

哲学を持った人

セカンド守備の名手だった高木さん

 ミスタードラゴンズ、高木守道さんが亡くなった。高木さんの現役引退は1980年だから81年入団の俺とは入れ替えとなり、対戦経験はない。ただ、われわれの世代で中日の選手と言えば、投手は星野仙一さん、野手は高木さん。2人ともダンディで、カッコいい選手だった。

 高木さんとは野球教室で何度もご一緒させてもらったが、野球、特に守備に関し、すごくこだわりというか、哲学を持った人だった。口数は多くないが、いつも的を射た指導をする。子どもたちに教えていたのを脇で聞いていただけだが、一番覚えているのは、「君たちは、ボールを捕るために、いろいろなステップを踏まなきゃいけない」という話だ。

 打球が右に行ったらこうする、左はこう。踏み出してから、それと違う方向にいった打球は、どう足を運べばいいのかなど、理論立てて具体的に教えていた。ピッチャーだった俺は、守備のステップを真剣に考えたことはなかったが、確かにそうすれば体勢が崩れず捕球位置に入り、捕った後のスローイングも楽だろうなと思った。目からウロコで、すごく勉強になった。実は、その後の野球教室で・・・ 本文:1,679文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:1/24(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る