ここから本文です

『青春高校3年C組』頓知気さきな&日比野芽奈&持田優奈「13人でアイドルをやるのがとても楽しい」

1/24(金) 11:50配信

エンタメNEXT

「理想のクラス」をテーマに、2018年4月から放送開始された青春バラエティ番組『青春高校3年C組』(テレビ東京)。番組内で“部活”として誕生し、様々なステージでパフォーマンスをしてきた「青春高校3年C組アイドル部」が1月22日にメジャーデビューを果たした。表題曲でフロントを務める、頓知気さきな、日比野芽奈、持田優奈が今の気持ちを語った。

【写真】フロントを務める3人のビジュアルにも注目、取材時の撮り下ろしカット

──まず、青春高校3年C組のメジャーデビュー日が’20年1月22日に正式決定しました! 今の気持ちは?

日比野 私は学級委員長として青春高校の生徒全員でのデビューにこだわっていました。なので、カップリング曲も含めて生徒全員でCDが出せると聞いてとてもうれしかったです! ’18年4月に番組(『青春高校3年C組』)の放送が始まって以来全員で協力して番組を作り上げてきたので、今までの頑張りが報われたのかなって思いました。

──そして、そのシングルの表題曲『君のことをまだ何にも知らない』をアイドル部13人全員で歌唱することも決定しました。

頓知気 表題曲については「アイドル部の中の選抜メンバーが歌うんじゃないか」という憶測が流れていて。でも私はそうなるのが嫌だったんですよ。青春高校には約40人の生徒がいるのに、デビュー曲を歌うのがアイドル部の選抜メンバーだったら「あまりに青春高校らしさがないんじゃない?」って。なので、選抜ではなくアイドル部の13人全員で歌えるのは本当にうれしいです!

持田 アイドル部も今まではBlue Springとハイスクールベイビーの2ユニットに分かれて活動していたので、今回初めて13人全員で歌える曲がもらえたのもうれしかったです!

──頓知気さんは『君のことをまだ何にも知らない』でセンターポジションを務めます。

頓知気 私はもともとセンターをやりたいタイプじゃなかったんですよ。しかも今回はメジャーデビューシングルだし、カップリング曲を歌う他の部活の思いも背負わなきゃいけないから、自分がセンターだと伝えられたときはプレッシャーもあって「しんどい」と思いました。……けど、今は楽しさが勝っています!

──プレッシャーを乗り越えた?

頓知気 乗り越えたというより、単純に今13人で振り入れをしたりするのが楽しいなって思うんです。「私、みんなに支えられているな」って感じているし。でもきっとデビューしたら楽しいことだけじゃなくなるはずだから、今は“束の間の楽しさ”なのかな、って(笑)。

日比野 でも分かるよ。ずっと2ユニットに分けられていたから、13人でレッスン場に歩いて行くだけでも新鮮で(笑)、「これこそがアイドル部だ」って感じてる! きっと私、完成したMVを観たら涙が止まらなくなると思う……!

持田 今はわくわく感が大きいよね! 歌番組などに出演するのも楽しみです!

1/4ページ

最終更新:1/24(金) 11:50
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ