ここから本文です

ファン投票9位でオールスターの先発から漏れたビール「選手、コーチ投票に重点を置いてほしい」

1/24(金) 18:00配信

THE DIGEST

 22日に行なわれたマイアミ・ヒート戦は延長にもつれる激戦となり、129-134で惜しくも敗戦。その直後にクリーブランドへ移動し、到着は朝4時という強行スケジュールだったものの、124-112で勝利をモノにした。

「昨日もし勝っていたら、今日はもっと疲れを感じていたかもしれない。負けたから切り替える必要があった。悔しい気持ちをぶつける必要があったんだ。昨日負けたことで、俺らは危機感を感じながら戦ったと思う」

 ダービス・ベルターンスがそう明かしたように、ウィザーズはヒートに惜敗した悔しい思いをキャブズにぶつけ、チーム全体でフィールドゴール(FG)成功率55.3%(47/85)、3ポイント成功率44.4%(16/36)と、高確率でショットを決め続けた。

 特に圧巻だったのは、エースのブラッドリー・ビール。29分26秒という比較的短いプレータイムながら、FG成功率は68.2%(15/22)、8本中4本の3ポイントを沈め(成功率50.0%)、フリースローも2本とも成功と抜群の集中力。いずれもゲームハイとなる36得点、8アシストと暴れ回った。
 
「コーチ(スコット・ブルックス)と俺が何度も言っていることだけど、スタッツというのは最終的に横ばいになるんだ。ショットが入ろうと落ちようと、すべては横ばいになっていく。俺は自分がいいシューターなんだとわかっている」とビールは冷静だったが、両軍最多の38得点に加え、9リバウンド、5アシストと躍動したヒート戦に続き、連夜のビッグゲームとなった。

 ウィザーズではビールのほか、ベルターンスとイシュ・スミスがそれぞれ17得点とエースを援護。アイザイア・トーマスも13得点と続いた。

「昨日も選手たちは精一杯戦っていた。その前のデトロイト(・ピストンズ)戦を含めると、3試合連続でハードにプレーしている。ほぼ毎ゲームですべてを出し切っている。決して簡単なことじゃない。私もすごく疲れたよ。プレーしてないのにね。みんなよく戦った。ブラッド(ビール)はケガと付き合いながらチームを引っ張っている。今日は全員が一丸となって戦ってくれた」とブルックス・ヘッドコーチ(HC)も選手たちを称えていた。
 

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 18:00
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事