ここから本文です

【DEEP JEWELS】KINGレイナと本野美樹がタイ・ロケット軍団と対戦

1/24(金) 7:05配信

ゴング格闘技

2020年2月24日(月・祝)にニューピアホールで開催される『skyticket Presents DEEP JEWELS 28』の追加対戦カードが決定した。

【写真】東海大学柔道部出身の本野美樹もタイ勢と対戦

前戦を体重超過で欠場したKINGレイナ(FIGHT CLUB 428/ K-Clann)が、タイのアンドレ・ザ・ロケット(HANGER GYM)と対戦する。

KINGレイナは、2019年10月の『DEEP JEWELS 26』でダイヤモンドローズ・ザ・ロケット (タイ)との対戦が決まっていたが、前日計量をクリアできず失格。代わって中井りんが緊急参戦でダイヤモンドローズと対戦し、KINGレイナは試合当日、涙の謝罪を行っている。

再起戦の相手アンドレはレスリングとブラジリアン柔術をベースとする20歳の組み技師。ケージで行われた「IMMAF WMMAA Asian Open」出場経験を持ち、今回がプロデビュー戦となる。

160cmでオーソドックス構えから繰り出す右は思い切りは良いが振りは大きく、カウンターのテイクダウンを奪われることもあるアンドレ。グラウンドでは下から腕十字の仕掛け、スイープ狙いからバックマウント奪取など積極的な仕掛けと同時に、相手のリアネイキドチョーク狙いを正対しながらもバックから落とされるなど、詰めの甘さも残している。

キャリアで勝るKINGレイナとしては、得意の蹴りも交えながら相手の大きな打撃を被弾せずに、しっかり投げからテイクダウン、バックに回らさせずに抑え込んで極めたいところ。SNSでレイナは再起戦に向け、「一発目いい試合させていただきます!」と意気込みを記している。

また、本野美樹(AACC)はアンドレと同じタイのノー・パン・ザ・ロケットと対戦する。

本野は東海大学柔道部出身で、2010年の講道館杯では西田優香(2010年世界柔道選手権-52kg級優勝)に勝利するなど活躍し、アマチュアMMAでも無敗。2019年3月の『HEAT』でプロデビューを果たし、“流血のマドンナ”こと鈴木万李弥に完勝。同年6月の『DEEP JEWELS』に初参戦すると、大晦日RIZINで山本美憂と対戦したベテランの長野美香をデビュー2戦目にして破るというアップセットを起こしている。

2019年10月には豪州『Eternal MMA』でWMMA豪州女子ストロー級王者ケーシー・オニール(スコットランド)に挑戦も判定負けで初黒星も、12月DEEPでのパク・チヨン戦では1R 腕十字による一本勝ちで再起を果たしている。

本野と対戦するパンは20歳のストライカー。ムエタイで10勝7敗3分で、アマチュアMMAでは1勝2敗。GAMMAの「MMA World Championships」52.2kg級では銅メダルとなっている。KINGレイナ同様に、プロキャリアで上回る本野にとっては、取りこぼしできない相手だろう。

最終更新:1/24(金) 7:05
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事