ここから本文です

「明らかな侮辱」「だからバロンドールを獲れないんだ」ネイマールが見せた“尻パス”が物議を醸す

1/24(金) 5:40配信

SOCCER DIGEST Web

「相手を明らかに侮辱する行為」とバッシング

 パリ・サンジェルマンのクラッキが魅せつけた“妙技”が物議を醸している。

 現地時間1月22日に行なわれたフランスのリーグカップ準決勝で、パリ・サンジェルマンは、スタッド・ドゥ・ランスに3-0と快勝し、2年ぶりとなるファイナル進出を果たした。

【動画】物議を醸したネイマールの“尻パス”はこちら

 話題となっているのは、このゲームでパリSGのエース、ネイマールが出したパスだ。なんとルーズボールを突き出した尻で、味方へと繋いだのだ。

 パリSGが一方的に攻め込む試合展開となったこともあり、セレソンの至宝からすれば、余裕の表われだったのかもしれない。だが、その遊び心満載のプレーによって、“炎上”するはめになってしまった。

 英紙『The Sun』によれば、試合後にツイッター上では、「間抜けな男だ」「相手を舐めすぎている」「リスペクトを知らない」「こいつはいつもこう。だからバロンドールは獲れない」といったバッシングの声が多数上がったという。

 また、英紙『Daily Mail』は、「明らかに生意気なプレーだ」と銘打ち、ネイマールの一連のパフォーマンスについて言及している。

「このブラジル人はありえないパスを披露し、自分のスキルの高さをファンに知らしめた。だが、その気の抜けたプレーは、相手を明らかに侮辱する行為であり、バッドパスだった。チームがファイナルに進出したことよりも、試合後の話題はそっちに集中してしまった。いたずらが過ぎたのだ」

 バルセロナ時代の2015年にも大差のついたアスレティック・ビルバオ戦で、ヒールリフトを繰り出し、反感を買ったネイマール。ファンを沸かせようとしたのかもしれないが、再び集中砲火を浴びる結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:1/24(金) 5:40
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ