ここから本文です

キャサリン妃、ZARAのスカートで24時間弾丸ツアーへ!

1/24(金) 16:32配信

25ansオンライン

20日(月)の公務に続き、キャサリン妃はお仕事モード全開です。
21~22日の24時間で、バーミンガム、カーディフ、サリーと英国内を回るツアーを決行されたキャサリン妃。

【写真】キャサリン妃の2019年全ファッションをプレイバック!

かねてから、熱心な活動をされている早期介入やメンタルヘルスの重要性とともに、今回、英国内の国民に5つの質問を投げかけるというビッグプロジェクトを立ち上げられました。
英国内の国民に問いかけるという、新たな取り組みをアピールするため、初の国内弾丸ツアーに回られたキャサリン妃。
21日にバーミンガム、22日は実は当初、ロンドンを含めた計3カ所を予定されていましたが、悪天候によりキャンセル、カーディフとサリーの2カ所になりました。

先日のバッキンガムパレスでは、カラフルで華やかなドレス姿のキャサリン妃でしたが、この日は一転、ダークでシックなファッションをお披露目されました。
むしろめずらしい!とも言える、キャメル、ブラウン、黒のベーシックカラーコーデ。刑務所訪問も考慮されてのことでしょう。
コートはマッシモ・ドゥッティ。昨年チェルシー・フラワー・ショーでも同ブランドのパンツを着用されていましたね。
マニッシュなテーラーリングのテーラードが、これまでのキャサリン妃と少し変化が??といった印象を受けました。
どちらかというとメーガン妃らしいデザイン?もしや、ちょっと影響されましたか?と内心思いつつも、しかしお似合いですね。
高身長のキャサリン妃だからこそ、この丈が着こなせる!ともいえるでしょう。

中は、黒のタートルネックとレオパード柄のスカート。なんと、このスカートはザラ!しかも今シーズンアイテムゆえ、どうやらセール買いのもよう。当然のごとく完売です。
ロイヤルもアニマル柄、は英国ならではですが、色や柄の細かさ、そしてアコーディオンプリーツが、意外にエレガント。さすがキャサリン妃の審美眼ですね。
黒のスエードブーツは、おそらく昔からご愛用のラルフローレンのものと見られます。ポインテッドに細ヒールというのが、時代が再び巡り、今年のトレンドに返り咲き!といったお見事な展開(笑)。

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 16:32
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事