ここから本文です

家族がいれば親友は不要?既婚女性が抱く「友だち観」

1/24(金) 21:15配信

ESSE-online

年が明け新年の挨拶や寒中見舞いを交わしていると、毎年欠かさず年賀状などで近況を知らせてくれる友だちもいれば、いつの間にか途絶えてしまった友だちがいることにも気づきます。

ゲッターズ飯田さんが伝授!驚くほど人間関係がよくなる習慣4選

エッセオンラインでは、「親友」にまつわるアンケートを267人の読者に実施しました。既婚女性が抱く友だち観についてリポートします。

「親友と呼べる人がいない」は2割超え。既婚女性が考える友だちの定義は?

親友の定義は人それぞれですが、エッセオンラインでは「家庭や仕事のことなどを素直に打ち明けられて、頻繁に連絡を取り合える友だち」を“親友”と定義づけします。親友と呼べる人がいると答えた人は76%という結果になりました。

その関係性は、学生時代からの友達が68%、会社の同僚や元同僚が12%と、学業や仕事によるつながりが7割を占めました。そして、共通の趣味がある友だち、ママ友が親友だという人は16%とごく少数。若い頃の友だちや、仕事などで苦楽を共にした仲間のほうが絆は強くなる傾向があるようです。

一方、「親友とまで呼べる人がいない」人は18%、「そもそも友だちがほとんどいない」と答えた人は4%。理由を見てみると、環境や状況の変化を挙げる人、それほど親友を必要としていない人が多く、そこからは、友だちへの価値観が大きく浮かび上がってきました。

●転居、それぞれのライフステージの変化で疎遠に

親友とまで呼べる人がいない、友だちがほとんどいない理由でもっとも多かったのが、環境や状況による変化です。

「古い友だちに会いたいと思っても子どもを預ける手間など考えると、そこまでしようとはならない。10年以上続くママ友はいるが、子どもの年齢が上がるにつれ、学力や経済力であからさまに差が出て距離が開いてしまい、結果親友レベルの人がいなくなってしまった」(パートタイム・41歳)

「大人になるにつれ、お互い忙しくなり、子どもを産んだらさらに連絡を取り合う頻度が減った」(専業主婦・32歳)
などと、多忙により連絡が疎かになるという声が多く寄せられました。

さらに、
「地元から離れて何度も引越しを繰り返しており、今は仕事もしていないので密な関係の友人ができない」(専業主婦・34歳)という声も。仕事というコミュニティがない場合、関わる人も限られてしまうようです。

1/3ページ

最終更新:1/24(金) 21:15
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ