ここから本文です

15歳ガウフが2度目のグランドスラム16強へ、大坂に67分で勝利 [全豪テニス]

1/24(金) 22:17配信

テニスマガジンONLINE

 今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、コリ・ガウフ(アメリカ)がディフェンディング・チャンピオンで第3シードの大坂なおみ(日清食品)を6-3 6-4で倒す金星を挙げ、15歳にしてグランドスラムで2度目のベスト16進出を果たした。試合時間は1時間7分。
 グランドスラム参戦5大会目となる15歳のガウフは、初のダイレクトインで3度目のシングルス本戦出場。昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では史上最年少の予選勝者となって4回戦まで勝ち進み、昨年10月のリンツ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)ではシングルスでのWTAツアー初タイトルを獲得した。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 この結果でガウフは、大坂との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。ふたりは昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でも3回戦で対戦し、大坂が6-3 6-0で勝っていた。

 2019年シーズンの大坂は、USオープンで連覇を逃したあとに9月の大阪(WTAプレミア/ハードコート)と10月の北京(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)で2大会連続優勝を果たした。今大会では、自身初となるタイトル防衛に挑んでいた。

 ガウフは次のラウンドで、ジャン・シューアイ(中国)を7-5 7-6(7)で破って勝ち上がった第14シードのソフィア・ケネン(アメリカ)と対戦する。

 そのほかの試合では、第18シードのアリソン・リスク(アメリカ)がユリア・ゲルゲス(ドイツ)を1-6 7-6(4) 6-2で、第22シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)は第10シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を6-4 6-4で破り、それぞれ16強入りを決めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

<女子シングルス3回戦|主な試合結果>

○9アリソン・リスク(アメリカ)[18] 1-6 7-6(4) 6-2 ●13ユリア・ゲルゲス(ドイツ)

○24マリア・サカーリ(ギリシャ)[22] 6-4 6-4 ●17マディソン・キーズ(アメリカ)[10]

○38コリ・ガウフ(アメリカ)6-3 6-4 ●33大坂なおみ(日本/日清食品)[3]

○48ソフィア・ケネン(アメリカ)[14] 7-5 7-6(7) ●42ジャン・シューアイ(中国)

MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 24: Coco Gauff of the United States celebrates after winning match point during her Women's Singles third round match against Naomi Osaka of Japan day five of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 24, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

最終更新:1/24(金) 22:17
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ