ここから本文です

トランプはなぜ、このタイミングで司令官を殺害したのか イラン問題が市場の重大リスクに

1/24(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2020年2月1日号> 1月3日トランプ米大統領はイラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭コッズ部隊を率いる“国民的英雄”とされるソレイマニ司令官をドローンで殺害したことを発表。それに対しイランの最高指導者ハメネイ師も報復を表明したことで一気に全面戦争のリスクが高まる事態へと発展した。 本文:1,354文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

高井 裕之 :米州住友商事 ワシントン事務所長

最終更新:1/24(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ