ここから本文です

乃木坂46卒業から2年、伊藤万理華による二度目の展覧会が開幕

1/24(金) 12:00配信

Rolling Stone Japan

本日24日(金)、渋谷PARCO GALLERY Xで「伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”」が開幕した。2017年10月にリニューアル前の同会場で「伊藤万理華の脳内博覧会」を開催。それ以来となる二度目の個展となる。前日に行なわれた内覧会で伊藤本人のコメントを取ることができたので、それを元に今回の内容をざっと説明しよう。

写真29点:乃木坂46卒業から2年、伊藤万理華による二度目の展覧会が開幕

テーマは「家族」。入口にはファッションデザイナーである母親と共作のドレスが飾られている。ビーズの刺繍には伊藤本人のこだわりが反映され、「近くで見ないとよく分からない細かさ」(伊藤)で、遠くからと近くからでは見たときの印象が異なる。

写真ゾーンでは、前回の個展にも参加したフォトグラファー前康輔による様々な表情のカットが並ぶ。ZINE風のラフな雰囲気で、大きさや並べ方もランダムに展示されている。
「自宅で撮っただけあって、すごくリラックスしてる。衣装のバリエーションも少なく、ほとんどTシャツなんですけど、そのぶん表情が多彩で。寝室で撮ったやつもありますし、私がどんなDVDを持ってるんだろうというのも分かるので、どれも生々しい」(伊藤)
クリエイターとしての一面だけでなく、このような「生活感」も今回の個展で欲していたという伊藤。等身大の彼女の姿が見られるコーナーだ。

漫画ゾーンでは、伊藤が熱望した気鋭の漫画家・椎名うみとのコラボレーションが実現。本展覧会のために短編新作『おかえり』が描き下ろされた。ドレスと同じく本展覧会の核とも言えるだけあり、その存在感は圧倒的。メインの一コマを大きく引き伸ばしたパネルと、その横には真っ白な本棚が。棚の中には書籍化が施された漫画が何百冊と並び、閲覧型の展示となっている。
「ドレスと写真があって、漫画が大きく飾られている。他にはない空間になっていると思うので、会場でぜひ写真に収めていただきたいです」(伊藤)

ショートムービーゾーンでは、漫画コラボレーションをベースにしたオリジナル映像であり、漫画と対をなし完成するとも言える映像作品を上映。前回の展覧会で『トイ』を制作した監督・柳沢翔を起用している。「上映時間が12分あって、私的にこれまで作ったショートムービーの中で一番長い。前回と異なり今回はセリフも多いので、じっく観てほしいです」(伊藤)
終盤には伊藤本人の歌唱曲も流れるのでファンは注目してほしい。

また、映像の中で登場する拘束衣(スタイリストの酒井タケルの手によるもの)も展示されている。「拘束衣がドレスにもなる今までにない発想」(伊藤)というように、留め具や生地などのディテールも凝っている。

1/2ページ

最終更新:1/24(金) 12:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ