ここから本文です

SNS時代をリードする「インフルエンサー」とは何かを考える

1/24(金) 19:00配信

FORZA STYLE

YouTuberを代表するヒカキンや はじめしゃちょーが地上波のコマーシャルに登場したり、新製品発表会やパーティーに招待するタレントをインスタグラムのフォロワー数で選んだり、世はまさに「インフルエンサー天下」だ。しかし、「インフルエンサーってなに?」と問われたとき、あなたは何と答えるだろうか。

ビジネスミーティングの場でも話題になるインフルエンサーについて、SNS上の独自の解析データを用いて、PR・マーケティングや各種コンサルティング業務を行っている塩原(しおはら)宣章さんにお話を伺った。

SNSの成功者は、“繋がりの戦術化”を熟知している

このSNS全盛期にインフルエンサーの“バズらせる力”はあらゆる業界が注目していて、たとえば「服が売れない」からインフルエンサーを活用してフォロワーにアピールしたり、「化粧品が売れている」ことはインフルエンサーの功績になったりしている。子供が将来なりたい職業でYouTuberが1位になる今、SNSの功罪や“繋がりの戦術化”を塩原さんに解説してもらった。

――まず、塩原さんの具体的な仕事を教えていただけますか。

塩原 肩書きでいうと「マーケティングPR」になります。世界中の人がSNSを利用して日々発信しているということは、一人ひとりがメディアを持っているということ。そのフォロワーは読者ともいえます。私たちはハッシュタグを付けて発信し、ハッシュタグで検索し、自分とマッチする発信者をフォローすることを当たり前のように行っています。自分の仕事は、そういう“人・モノ・コトのリレーション”の効果測定をして、価値観の打率を上げるサービスをしています。

――なるほど。しかしSNSの世界は変化が激しいものですよね。

塩原 そうですね。変化は激しいように見えますが、プラットフォームとしてのインスタグラムやFacebookは今も廃れていません。

――確かに。「それらのサービスのブームは終わる」と言われましたが、Twitterを含めてSNSは生活の中に浸透・定着しています。

塩原 ウェブマーケット上の消費行動はSNSに効果的に表れるので、意識的にコントロールができるし、データ化して活用することもできる、本当にエモーショナルなマーケティングです。インフルエンサーというと一般の人はフォロワーの数やいいね!の数ばかり気にしますが、SNSの成功者は、“人・モノ・コトのリレーション”を的確に見極めている戦略家ともいえます。

1/3ページ

最終更新:1/24(金) 19:00
FORZA STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事