ここから本文です

本田圭佑の”リアルサカつく”クラブ『ONE TOKYO』がトライアウトを実施。「楽しみです」というファンのコメントよりも目に付いたのは…

1/24(金) 19:49配信

SOCCER DIGEST Web

一部報道ではブラジルのボタフォゴが本田獲得に乗り出すという話も

「東京から世界に影響を与えられるサッカークラブを創りたい」「そのサッカークラブをみんなで一緒に作りたい」というコンセプトのもと「『リアルサカつく』を皆とやりたい」とSNSで発信し、『ONE TOKYO』というクラブのオーナーになることを表明した本田圭佑。

【画像】本田圭佑の珍しい“変顔”をチェック! 豪州・森林火災の被災地支援に立ち上がる

 1月24日に自身のSNSを更新した本田は「到着。今から #onetokyo の選手達に会います!」と投稿。

 トライアウトは530名もの応募から110人を選んで実施された。再び、SNSを投稿した本田は、「参加してくれた選手の皆さん、サポートしてくれた皆さん、ありがとうございました!引き続き皆さんのサッカークラブなので、宜しくお願いします!」とコメント。

 この投稿には「どんなクラブになっていくのか楽しみです」「遂に動き出すんですね!」「いよいよ世界への第一歩ですね」というファンからの期待のコメントが寄せられた。
 
 その一方で、一部報道されているブラジルのボタフォゴへの移籍の話を聞きつけた、ブラジルのファンからは「ボタフォゴでプレーしますか?」「ボタフォゴはブラジルで最も伝統的なクラブです」「ブラジルで幸せになりましょう!」「ボタフォゴに来てください!」との熱烈なメッセージが寄せられた。

 2019年の本田は、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーを夏に退団して以降、フリーの立場が続く中、かつての恩師レオニード・スルツキ監督に請われオランダのフィテッセに加入。4試合に出場するも、12月に監督の辞任に伴い、わずか6週間で退団し、再びフリーの立場になっていた。

 新しい試みのクラブ『ONE TOKYO』はどんな発展を遂げるのだろうか。本田自身の去就とともに見届けていきたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:1/24(金) 19:49
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ