ここから本文です

“T2の正統な続編” 、映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』3/4にUHD BD化

1/24(金) 0:00配信

PHILE WEB

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』が3月4日、4K ULTRA HD/ブルーレイ/DVDで発売されることが決定した。4K ULTRA HD&ブルーレイ(2枚組)は 6,000円(税抜) 、ブルーレイ&DVD(2枚組)は4,000円(税抜)。先行して2月12日からはデジタルセル配信も開始される。発売・販売元は20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン。

1984年にアクション映画の革命作として世界を騒然とさせた『ターミネーター』、続くシリーズ2作目として7年後の1991年に公開された『ターミネーター2(T2)』は、社会現象を起こす伝説的映画となった。『ターミネーター:ニュー・フェイト』では、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロン自ら製作に復帰、 “T2の正統な続編” として昨年公開された。

シリーズ主演となる、サラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトン、T-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーも『ターミネーター2』以降、初となる共演で完全復活した本作では、最新型ターミネーター “REV-9” や超人的能力を持つ “スーパー・ソルジャー” など新たな未来の超兵器も登場。シリーズ最大級の迫力でバトルが繰り広げられるSFアクション超大作となっている。

4K ULTRA HD&ブルーレイ、およびブルーレイ&DVDの各2枚組セットは、いずれもブルーレイディスクに特典映像を収録。ロング・バージョンの未公開シーン集6種類や、制作舞台裏など豪華映像が楽しめる。

吹替には『T1』『T2』といずれの作品もアーノルド・シュワルツェネッガーの声を務めた玄田哲章。リンダ・ハミルトンの声を戸田恵子、強化型女性兵士 “スーパー・ソルジャー” のグレイスを演じたマッケンジー・デイヴィスの声を坂本真綾が演じるなど、豪華声優陣が集結する。

音声収録は、吹替が日本語DTSデジタル・サラウンド 5.1ch、オリジナルは4K ULTRA HD&ブルーレイがドルビーアトモス、ブルーレイ&DVDが英語DTS-HDマスター・オーディオ 7.1ch(ロスレス)で収録される。

このたび、『ターミネーター:ニュー・フェイト』のブルーレイ&DVDリリースを記念して、『ターミネーター』『ターミネーター2』『ターミネーター:ニュー・フェイト』とシリーズ3作品を一挙に鑑賞できる「『ターミネーター』3作ぶっとおし応援上映」の開催が2月16日(日)に決定した。上映は日本語吹替版、場所は池袋・新文芸座。T1(ブルーレイ吹替版)/T2(特別編・フジテレビ吹替版)の劇場上映は初とのこと。

当日は発生/拍手/サイリウム/クラッカー/コスプレOKの応援上映スタイル。映画ライターのてらさわホーク氏をはじめとした『ターミネーター』愛好家らによるトークショーも予定される。

>>>あらすじ<<<
メキシコシティの自動車工場で働く女性ダニーは、ある日突然、未来から来たターミネーター “REV-9” に襲われる。ダニーを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型兵士、グレース。彼女の並外れた戦闘能力により、REV-9を撃退するが、決して死なない、その最新型ターミネーターは、再び彼女たちに襲い掛かる。そんな中、必死に逃げ惑う2人を救ったのは、人類の未来のためにターミネーターと戦い続ける戦士、サラ・コナーだった――。

(c)2020 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

編集部:川田菜月

最終更新:1/24(金) 0:00
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ