ここから本文です

Bang & Olufsen、ヘッドホンなど8製品に特別デザイン機「CONTRASTコレクション」

1/24(金) 16:59配信

PHILE WEB

Bang & Olufsenは、Bluetooth スピーカー「Beoplay A1」やワイヤレスヘッドホン「Beoplay H9」など8製品について、デンマークのデザインスタジオ「Norm Architects」とコラボレーションした特別モデル『CONTRASTコレクション』を1月25日に発売する。ラインナップと価格は下記の通り。

・Bluetooth スピーカー「Beoplay A1」30,454円(税込)
・ワイヤレスヘッドホン「Beoplay H9」60,980円(税込)
・ワイヤレススピーカー「Beoplay A9」356,481円(税込)
・サウンドバー「Beosound Stage」275,000円(税込)
・壁掛け式スピーカー用カバー「Beosound Shape」48,400円(税込)
・壁掛け式スピーカー用カバー「Beosound Shape wood」63,800円(税込)
・ワイヤレススピーカー「Beosound Edge」560,000円(税込)
・ポータブルスピーカー「Beosound 1」242,000円(税込)
・ポータブルスピーカー「Beosound 2」320,000円(税込)

なお、販売はBluetoothスピーカー「Beoplay A1」、ワイヤレスヘッドホン「Beoplay H9」、ワイヤレススピーカー「Beoplay A9」の3製品はバング & オルフセン専門店(博多、埼玉、秋葉原以外)、バング & オルフセン オンラインストア、伊勢丹新宿本店での販売。それ以外の製品はバング & オルフセン 銀座および伊勢丹新宿本店でのみの販売となる。

CONTRASTコレクションでは、Bang & Olufsen製品のデザインを特徴づける大きな要素であるアルミニウム素材にフィーチャー。鏡面状のアルミニウムを、その表層に施されたテクスチャーに焦点が当たるよう、柔らかで暖かい波長の色に変えることを狙ったという。天然のほぼブラックに近いグレーの無煙炭をもとに、ライトグレーとチャコールグレーのカラーパレットを調色し、Bang & Olufsen本社のアルマイト加工施設で完成させたとしている。そして、仕上げの研磨加工も長きに渡る試行錯誤を経て、独特の表情を創り出すことに成功したという。

また、太さや編み密度を調整することで高い音響透過性をデザイン性と両立させたという生地を開発。デンマークのテキスタイルブランドKvadrat社の「Hallingdal」をベースに開発したウールとレーションの混紡生地を採用している。

編集部:小野佳希

最終更新:1/24(金) 16:59
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ