ここから本文です

岡田結実の衝撃姿に大爆笑! “女子無駄”撮影裏話&オフショット公開

1/24(金) 8:00配信

ザテレビジョン

岡田結実主演の学園コメディードラマ「女子高生の無駄づかい」(毎週金夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が1月24日(金)にスタート。

【写真を見る】岡田結実の歯にあるものが…!

“さいのたま女子高校(さいじょ)”に通う個性派ぞろいの女子高生たちが、華の青春時代を無駄に過ごす日常を描く。

「バカ」「ヲタ」「ロボ」らJK(=女子高生)を演じるのは岡田、恒松祐里、中村ゆりか。そして、バカたちの担任「ワセダ」を町田啓太が演じる。今回、そんな4人の撮影現場に取材を敢行! 裏話やオフショットを公開する。

■ 岡田の歯にほうれん草が!?

初めに行われたのは第一話でバカ(岡田)、ヲタ(恒松)、ロボ(中村)、ワセダ(町田)がそろったファミレスでのシーン。バカが歯にほうれん草を詰まらせるという場面では、撮影前に岡田自身で鏡を見ながら歯にほうれん草を挟む姿が。

その光景を見た恒松と中村は思わず大笑い。リハーサルが始まると、本来は真顔でバカを見つめなければならない中村は笑いをこらえられない様子で、その後も笑いが止まらなくなる事態に。

岡田は「面白くできてるかな~不安!」と漏らしつつモニターで演技をチェック。スタッフからは「ほうれん草の挟まり方がリアルだね」との声も上がる中、岡田自身は「恥ずかしいんだけど~!」と照れ笑い。

■ 中村の姿に岡田が絶賛!

その後、今度はロボがほうれん草を歯に挟む場面へ移行。中村が自身の姿を見て「やだぁ~もう~」と苦しい表情を浮かべる中、中村の姿を見た岡田は「いいね、いいね!」と大絶賛。撮影を終えた岡田、中村、恒松が3人そろって楽しそうに演技をチェックする姿も見られた。

また、撮影中は岡田が恒松にもほうれん草を挟ませようとアドリブを投入。恒松は岡田にほうれん草を挟んでもらうようお願いを。岡田が楽しそうに恒松の歯にほうれん草を詰めていると、中村も岡田につまようじを渡して応戦した。

そんな3人を少し離れた場所で見詰めるのはワセダ。「あいつら、また無駄な時間を…」と真顔で窓の外を見上げるというシュールな演技でスタッフの笑いを誘った。

■ 1話あらすじ

さいのたま女子高校に通う幼なじみ3人組・田中望=バカ(岡田)、菊池茜=ヲタ(恒松)、鷺宮しおり=ロボ(中村)。入学早々「彼氏が欲しい」と意気込むバカだが、受験したのが“女子高”だったことに気付き落胆する。やむなく担任に期待を掛けるも、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田)は着任のあいさつで“女子大生派”だと宣言。バカは華のJK生活に危機感を覚える。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/24(金) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ