ここから本文です

キャンディzooが新体制に! ペリカン担当・かこちゃん「みんなの背中を押してあげられる存在に」

1/24(金) 12:05配信

ザテレビジョン

“動物園系アイドルユニット”キャンディzooが新たに7人体制となり、1月25日(土)に東京・白金高輪SELENEb2での「アイドル甲子園」でお披露目を迎える。

【写真を見る】かこちゃん(菅谷夏子)、4カ月ぶりのキャンズーポーズがかわい過ぎる…

そこで、現メンバーのホッキョクグマ担当・仲原芙海(ふーみん)、トラ担当・橋本りょうか(りょうか)、新メンバーのパンダ担当・雅城くるみ(くるみん)、うさぎ担当・叶井みるか(みるか)、フラミンゴ担当・木南むぎ(むぎちゃん)、コアラ担当・妃咲ななか(なあちゃん)、さらに2019年9月に1度グループを卒業し、今回再び復帰することになったペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)を直撃。

新生キャンディzooのメンバーとなる7人が、お披露目に向けた意気込みなどを語るインタビューの7人目は、4カ月ぶりにグループに復帰するペリカン担当・菅谷が登場。

■ かこちゃんのパーソナリティーに“改めて”迫ってみる!

――改めて、自己紹介をお願いしてもいいですか?

キャンディzooのペリカン担当・かこちゃんこと菅谷夏子です。

――趣味とか、今ハマってる事についても、改めて話してみますか?

趣味ですか? えーっ! ハマってる事?? うーん、何ですかねー。最近、アニメを見るようになって、全部1話録りしてます。

1話だけ録画して、見るのを残して、見ないのは消すっていう作業に追われてます。新しいアニメが多過ぎて、消していかないと間に合わない…えへへへっ。

――見る時間もなく、アニメの方だけ2話、3話と進んでいるんですね。

そうなんですよ。最近レッスンが多くて、帰ってくるとすぐ寝ちゃうんで、見る時間どころか消すヒマもなくっていう感じですね。

――そんな中、ピンと来た作品はありますか?

えーっ! 思い出せませーん。あははははっ。

――思い出したら、Twitterでゼヒ!

はい! あははっ。

■ 卒業から電撃復帰までの、かこちゃん的過ごし方

――卒業してから今まで、どんな感じで過ごしてたんですか?

ずっと寝てましたね。のんびりして、たまにレッスンに行って、っていう毎日を過ごしてました。

――その間、何か今後について考えたりしましたか?

あー、今後どうしようかな?っていうのは、考えてましたね。

――薄っすらと?

薄っすらと(笑)。でも、なるようになるさー!っていう感じで、過ごしてました。

――その間、新たな発見ってありましたか?

久々にSHOWROOMを始めましたね。全然やってなかったんですけど、ちょっとコミュニケーションというか。文面だけじゃ悲しいなってことで始めました。

――リアルタイムのコミュニケーションを、ということですね。

そうです、リアルタイムでコミュニケーションを取りたくて。

――やってみた感触はどうですか?

すごく楽しいです! やっぱり、みんなと話すのは。

――何回かやって、慣れてきましたか?

あぁー、でもいまだに「これ、配信できてるのかな?」って不安になります。

――コンタクトを忘れたりも。

そうなんですよ! コンタクトを着け忘れて、コメントを見るのが大変とかありましたね。

――見てて面白いですよ!

でも、SHOWROOMで新生キャンディzooの話が出たときに、ちょっとドキッとしながら「あー、楽しみ」とか言ったりして。

――内心は焦ってるかもしれないけど、上手く隠してるなと思って見てました。

あっ、隠せてましたか? 良かったです!

■ “愛すべき相方”ゆぅゆ(片山結愛)とのイチャイチャ話!

――SHOWROOMでも好評だった、ゆぅゆ(ミーアキャット担当・片山結愛、2020年1月に卒業)さん好き話を聞いてもいいですか?

好評でしたか?

――好評でした! この前のインタビューで仲原さんと橋本さんにはお聞きしたのですが、ゆぅゆさんとの思い出深い出来事ってありますか?

ゆぅゆとは、本当に長いんですよね。でも、私が入ったときはゆぅゆと全然喋ってなくて、5人になってから話すようになったんですよ。

それまでは、仲が良い悪いとかじゃなくて、お互い喋る相手が違ったんで、コミュニケーションを取ることがなかったんですけど、5人になってから一緒に話すようになって、仲良くなりました。

一緒にディズニーにも行ったりして、多分1番出掛けたし、1番プライベートでも会ってたかなって。唯一、メンバーで私のお家に呼んだ子です。

――前も、家で映画を一緒に見たって言ってましたね。

あっ、そうです。一緒に映画を見ました!

――そんな、ゆぅゆさんとの印象的なことってありますか? 少しの間、2人でキャンディzooをやってたこともありましたし。

やってましたね。2人で初めて立ったステージが多分、新木場STUDIO COAST(東京)の野外ステージだったと思うんですよ。2人して不安しかなかったし、始まる前にどれくらいお客さんがいるかっていうのが見えるんですよ。

それが見えて、2人で「うわー、これはちょっとツラいね」っていうくらい。来てはくれてたんですけど、今までと比べちゃうと人数がすごい減ってたんで、すごくツラかったんですけど。

でも、途中からファンの方がどんどん増えてきて。そのとき入場が遅れてたらしく、段々いつもの人たちも来てくださって、結果的に良いライブになったんですけど、最初は本当に2人で不安だったし、ライブが終わった後は「良かったねー!」って。

卒業したメンバーのファンの方が来てくれるのって、私たちにとってすごい大きいんですよ。もちろん自分たちのファンの人が来てくれるのもありがたいし、大きいことで。

いや、比べるのは違うんですけどね。来てくれてうれしいっていう気持ちもあるんですけど、安心感が1番大きくて。「あっ、2人でやっても良いんだ」って思わせてくれるんですよ。

――推しが辞めた後も、引き続きキャンズーのファンでいてくれるっていうことですよね。

そうです。それが今後来なくなっちゃったとしても、見てくれてるって信じて…えへへっ。そこは、やっぱり2人で不安であり、うれしかったことですね。あとは、卒業ライブとか、そういう感じですかね。

――卒業で、寂しくなりますね。

私の卒業ライブから会えてないんですよ。また遊びたいですね。

――SHOWROOMのゲストに呼んでくれても良いんですよ。

SHOWROOMのゲストに!? 片山結愛さんです!みたいな。それは面白いですね!

■ かこちゃん、背中を押してあげられる先輩に!

――キャンディzooのメンバーとして、改めて目指すものってありますか?

新体制になって曲もガラッと変えていく感じなので、本当に今までのキャンディzoo要素はちょっとなくなってくるんですよ。衣装も今までにない感じだし、メンバーも一気に顔ぶれが変わるので。そうですね、やっぱ変わっていくところですかね。あれっ、何の質問でしたっけ?(笑)

――この前、ゆぅゆさんにも同じ感じで聞き返されました…。舞い戻ったキャンズーのメンバーとして、目指すものとかがあれば。

あぁ、そうだ! で、変わっていくので。でも、私は1回卒業しましたけど、何年もいたので、昔からあった良い部分はこれからも伝えて。

一気にガラッと変わるけど、ちゃんと良い部分は伝えていきたいし、新しい風を新メンバーが運んできてくれると思うので、そこを良いバランスでグループとして成立させて、今まで立てなかったステージに立てるようになっていきたいなって思います。

もちろん、自分で立ちたいっていう気持ちもあるんですけど、アイドルをやりたいって思って入ってきてくれた新メンバー4人、そしてふーみんとりょうかちゃんに、できるだけ良い思い出を作ってあげたいんですよ。

なんか、親みたいな感じになっちゃってるんですけど(笑)。みんなにとって良い思い出として、キャンディzooが残ってほしくて。

――人生の中における、大きな経験的な?

そうなんです。しかも、みんな高校生だったり、大学生だったりで、エンジョイする歳じゃないですか?

楽しむ時間なのに、アイドルをやるって決めて入ってきてくれたから、できるだけ良い思いをさせてあげたいし、そのサポートができればなと思います。

なので、私はもう1歩下がってもいいかなと思いつつ…えへへへっ。引っ張っていけるようにもなりたいですけど、後ろからも。

――かこちゃんは引っ張るより、後ろから押す方が向いてそうですね。

そうですね。どっちかっていうと、引っ張っていくより、後ろから背中を押してあげられる存在になれればなって思います。はい!

■ かこちゃんからファンへのメッセージ!

――では、かこちゃん復活で驚いているであろう、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

いや、まず驚かせてしまって申し訳ないなという気持ちと、戻ってきましたっていうご報告をさせていただきます。

で、そうですね。正直なことを言っちゃうと、辞めなきゃ良かったじゃんっていう方もいると思うんですけど、私が辞めるっていう選択をしたことは、今思っても後悔してないし、そのときの私にとって1番良かった選択だと、今でも思ってて。

そのおかげで今、気持ちを改めてアイドルとして、キャンディzooのメンバーとして戻ってくることができたので、そこはちょっと「ん?」って思う方もいるもかもしれないんですけど。受け止めてくださいまでは言えないですけど、見守ってほしいなって。

キャンディzooにまた戻るって決めたからには、やっぱ責任もあると思うので、先輩と後輩の中間というか、どっちなのか分からない立場なので複雑なんですけど、今までと一緒で頑張って、精いっぱいやることは変わらないですし…変わらないので、そこはちょっと応援してくれたらうれしいなって思います。あははっ!

――1回辞めたことで、自分でも気付かない部分で成長してるかもしれませんよね。

そうですね。4人だったときは、結構焦りがすごくて。私にとって初めての新メンバーだったんで、何もかもが初めてで。焦りがすごくて、そこから(けがで)お休みに入っちゃったので、どんどん焦りと不安しか積もっていかなくて。

ステージに立っても、結局それが変わらなかったんですね。ステージ自体は楽しかったんですけど、それが1回辞めて肩の荷が下りたことによって、スッと気持ちが切り替わったというか。

――考える余裕が出てきた感じで?

うん、そうですね。別に比べなくてもいいんだなって思うようになって、考え方が変わりましたね。今までも人と比べて生きてきたので、それが休んでる間にだいぶ変わったかなって。

だから、自分は自分らしくいて良いんだなって考えるようになったんで、良かったなって思ってますね。そこが1番、変わりましたね。自分の中で。

――最後に、2020年の抱負も聞いていいですか?

抱負!? はい。そうですね、2020年また新たにアイドルとしてスタートするんで、自分らしく、楽しく、ワイワーイといきたいなと思います! やっぱ、重いことは向いてないので。もう、この変な性格のまま、いきたいと思います。あはははっ!(ザテレビジョン)

最終更新:1/24(金) 12:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ