ここから本文です

「サヨナラまでの30分」新田真剣佑「人としても、役者としても尊敬できる北村匠海のことが、やっぱり大好きです!(笑)」

1/24(金) 8:00配信

ザテレビジョン

1月24日(金)公開の映画「サヨナラまでの30分」。W主演を務める新田真剣佑と北村匠海は、本作で実に4度目の共演となる。

【写真を見る】見つめ合う2人

新田「(本作での共演の話に)またか、ってね(笑)」

北村「『またか』だったよね(笑)。最多共演」

新田「最多だね。芝居以外でも、僕が出演して、DISH//が主題歌を担当してくれたドラマ『僕たちがやりました』(2017年フジテレビ系)を入れたら5回目。僕はもう、お話をいただいた時点で〝北村匠海〟の名前があったら、『出ます』って即答します(笑)」

北村「僕は基本的に真剣佑の背中を見てるのが心地良くて。初共演でクラスメートを演じたドラマ『仰げば尊し』(2016 年TBS系)も、ライバル役だった映画『OVER DRIVE』(2018年)も、常に真剣佑の背中に自分の役も突き動かされていたと思うんです。なので、今回の共演が決まったときも、また真剣佑の背中が見られるんだなと思ってうれしくなりました」

 今回2人が演じるのは、新田が1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキ、北村が就職活動中の大学生・颯太。アキが残したカセットテープを颯太が偶然拾ったのをきっかけに、それを再生する30分だけ2人は入れ替わり、一つの体を共有するという設定が特徴的だ。

北村「真剣佑とは今回の作品で役としてついに〝一体化〟することになったわけですけど(笑)、演じる感覚としてはこれまでと変わらず、真剣佑の背中を見ている感じでした。特に撮影の最初の方は真剣佑が演じるアキを見て、それを僕が踏襲するという感じでしたから。真剣佑に納得してもらって初めてアキになれるというか。そういう意味では、お互いの信頼がなければこのお芝居は成り立たなかっただろうし、真剣佑じゃなかったらもっと難しかっただろうなと思います」

新田「僕も匠海と一緒ということで、ただただ安心感がすごかったです。今までの作品でもそうですが、この作品でも僕には到底できないなって思うくらい、すごくいい表情をするんですよ。それに加えて、今回は匠海にすごく助けられました。特に気持ち的なサポートが大きかったんです」

 そんな新田の言葉を受け、北村もこう続ける。

北村「完成した映画を見て感じたのが、真剣佑の存在感。劇中では幽霊としてそこにいるはずなのに、存在感がハンパないなって(笑)」

新田(笑)

北村「撮影をしていても、アキは颯太にだけ見えて他のみんなには見えていないのに、自然と場の中心はアキになっていく感覚がありました。もちろん、明るく物おじしないアキと人と関わることが苦手な颯太っていう性格の違いもあるんですけど、実は僕らは2人とも颯太みたいなタイプなんです。なので、颯太を演じるのは自然体でできたのですが、颯太の体にアキが宿るシーンとなると、かなり頑張らなきゃいけなくて…。テンションもそうだし、周りのみんなを突き動かすエネルギーというのも相当なものだったので。最初は僕もアキはどこか真剣佑っぽいのかなと思っていたんですけど、実際に演じてみるとそうじゃない。なのに、それをしっかりと演じきっている真剣佑は、やっぱりすごい役者だなと感じました」

新田「僕は普段、演じる役と自分の共通点や相違点を考えたりしないから、匠海に言われて初めて気付くってことが多いんです」

■ 「僕よりもはるかに繊細でした(苦笑)」(北村)

本作では劇中に登場するバンド「ECHOLL」の楽曲として、6曲のオリジナルソングを歌唱。プライベートでは〝カラオケ仲間〟だという2人だが、今作でのお互いの歌声の印象を尋ねると――。

北村「アキの歌声が普段の真剣佑の歌声かっていうと、決してそうじゃないんです。アキの年齢とかを考えながら、レコーディングでも何度も歌い直しているのを見て、職人肌だなと思いました」

新田「アキは高校生だし、デビューが決まっていたとはいえプロではないからそんなにうまくない。そう考えると、いろいろ直したいところがあったんです。自分の良さを出すというより、アキの人物像を作り上げたかったんです」

北村「僕よりもはるかに繊細でした(苦笑)」

新田「匠海の声はスパーン!って通るんだよね。それは僕にはできないなって。本当すごい。人としても、役者としても尊敬できる北村匠海のことが、やっぱり大好きです!(笑)」

■ 「匠海には全部見せられるのでずっとそばにいても平気です」(新田)

―自分の人生が変わったと思う出会いを教えてください。

新田「山田孝之さん。何かあったときはすぐに相談する人です」

北村「伊勢谷友介さん。お会いしたことで考え方が変わった気がします」

―互いに相手にあって自分にないと思うものはどんなところですか?

新田「匠海は僕が大好きな表情をいろいろ持っていて、すごいなって思わされることがたくさんあります」

北村「真剣佑が放つオーラや人を引き付ける能力は天性のものだなと感じます」

―劇中のアキと颯太のように、互いがずっとそばにいたら?

新田「匠海には全部見せられるので、空気のように暮らしていると思います(笑)」

北村「僕も全然余裕。そう思えるのは僕の中だと真剣佑と伊藤健太郎かな」

(ザテレビジョン)

最終更新:1/24(金) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事