ここから本文です

団塊ジュニア世代の男性の貧困問題は女性の貧困よりももっと悲惨になる

1/24(金) 21:00配信

ダイヤモンド・ザイ

 書籍『幸福の「資本」論』で幸福を具体的に定義づけた橘玲氏が幸福から一番遠く、避けなければならないと指摘している「貧困」。ジャーナリストとして貧困の現場を身をもって取材し、書籍『東京貧困女子。』『日本の貧困女子』などを著している中村淳彦氏。風俗嬢さえもデフレ化により、ワーキングプアとなった現代。それよりも悲惨なのが団塊ジュニア世代の男性の貧困だという。

【詳細画像または表】

 
【参考記事】
風俗嬢さえもワーキングプアとなった現代日本の「貧困」事情とは? 

団塊ジュニア世代の貧困は救いようがない
 中村淳彦(以下、中村) 団塊ジュニア世代の男性の貧困問題は、恐らく人の生き死にに関わる問題になってくるでしょう。

 橘玲(以下、橘) それは「中年のひきこもり」問題に通じるところがありますね。就職氷河期で就職に失敗してフリーターになった人がかなりいました。フリーターでも20代ならやっていけるけれど、30代を超えると居場所がなくなってくる。周囲も「なんでこの年でアルバイトなんてやっているの? 」みたいな目で見るようになってきて。そうするとだんだん仕事に行きづらくなって、最終的には生活が立ち行かなくなって実家に戻る。そういうケースが増えています。

 中村 国の統計(内閣府統計、2018年2月実施)では40~64歳のひきこもりは約61万人、実際には500万人くらいいるんじゃないかという話になっています。

 橘 いまは親の貯蓄や年金に頼って生きているけど、その親が死んだらどうなるのか、というのが「8050問題」です(編集部注:80代の親に頼って生きる50代の問題だから)。ひきこもりは3:1程度で圧倒的に男が多いそうなので、まさに団塊ジュニア世代の男性の貧困問題がこれから顕在化してきますね。

 中村 ひきこもりだった50代が、親が死んで生活できなくなったからといって仕事をするようにはならないだろうし、できる仕事もありません。どうなるのでしょう? 

 橘 川崎通り魔事件や京アニ放火事件など、中年のひきこもり男性が起こす事件が頻発するようになりました。女性の怒りは鬱病や自傷行為など内側に向く傾向にあるのですが、男性の怒りは時に暴力として外側に向くことがあるので、社会に対するインパクトは(男性の怒りの方が)大きくなりますね。

 中村 男は救いようがないなぁ…。

 橘 地方から東京に出ていって、離婚や失業で生計が成り立たなくなって40-50代で田舎の実家に帰るというケースは、男女共に増えているらしいです。ところが田舎に帰ってひきこもりになるのは、圧倒的に男性の方が多い。どうしてかというと、女性の場合は「年老いた両親の面倒を見るために帰ってきた親孝行な娘」と前向きな見られ方をするけれど、男性の場合はどんな噂を立てられるかわからない。だから両親が周囲にわからないように、家の中に閉じ込めるからなのだそうです。まさに座敷牢で、ますます社会復帰ができなくなってしまう。秋田県藤里町の取り組みが有名ですが――

 【参考記事】
●アンケートで分かったひきこもりは全国100万人。実態は500万人!?  

 
中村 そのレポートなら僕も読みました。丹念に調査してみたら、ひきこもりの人数が予想よりも一桁多かったというやつですよね? 

 橘 社会福祉協議会のリーダーの女性が指揮して一軒ずつ訪問して調べてみたら、人口3214人の村にひきもりが113人もいて、うち半数以上が40歳以上だった。最初はどの家庭も「ウチにはそんなの(ひきこもりの息子)はいねぇ」って隠そうとしたそうです。人口3000人余りの村ですら実数を把握するのにこれだけ大変だったわけですから、全国ではどれだけ深刻なのか想像もつきません。

 中村 以前に東洋経済オンラインで、貧困のために売春せざるをえなくなった若い女性のルポルタージュが掲載されたときのことです。その記事はヤフーニュースにも転載されたのですが、コメント欄が大荒れに荒れて大変だったんです。事情を理解しようともせず「自己責任だ」とか「売春をして恥ずかしくないのか」とか、敵視・妨害・嫌がらせが半端なかった。どうしてそんなに酷い罵声を浴びせられるのか理解できなかったのですが、ヤフーニュースにコメントを書き込んでいるのは圧倒的に40代男性が多いそうなんです。

 橘 ヤフーがそんなことを調べてるんですか? 

 中村 その記事にコメントを書いた人というわけではなく、ヤフーニュースにコメントを書き込む人の属性をヤフーが調べてわかったのです。継続調査でもなく一度きりでしたが、そういうことがわかりました。

 橘 ヤフーニュースのコメントの付き方を見ていると、午前中に配信されたニュースにもすぐにかなりの数のコメントが書き込まれています。普通の仕事をしていたらそんなことはことはできないから、仕事がない人とか不定期雇用の人たちが多いのでしょう。そういう人たちが気に入らないニュースを見つけると手厳しいコメントを書いて、それに対して「いいね」の評価がつくことが自尊心を保つ方法になっているということはあるかもしれません。

 【参考記事】
●ヤフコメの調査から見えてきた「嫌韓嫌中」など過度な投稿者たちの正体

 中村 なるほど、そういうことか。しかし、僕が取材して書いてきた記事は、対象が気の毒な女性ばかりだったから、批判や中傷もあったけど同じくらい同情する声もあったんです。つまり世間が“聞く耳を持ってくれた”と思うんですけれど、団塊ジュニア世代の男が貧困に転落しても、それこそ自己責任ということで誰も同情してくれないんじゃないかな。

 橘 いま世界のあちこちで起きている「マジョリティの分断」というのは、まさにそれなんです。たとえば米国では、黒人が貧しいと「それは奴隷制の歴史があるからだ」と同情され、ヒスパニックが貧しいと「裸一貫で国境を越えてきたのだから最初から豊かに暮らせるわけはないよ」と皆が思う。だから彼らを助けよう、支援しなきゃいけないという動きも出てくる。ところが白人男性が貧しいと「白人は米国のマジョリティでずっと社会的に優位な立場で生きてきたのに、それで貧困に陥っているのは完全に自己責任だ」と思われるから、世間の見る目が冷たい。

 中村 白人のブルーワーカー(現場作業員や肉体労働者)には住宅ローンが払えなくなって破産したり、ホームレスになっている人たちもかなりの数に上っていると聞きました。

 橘 米国の経済学者(アン・ケースとアンガス・ディートン)が2015年に発表した興味深い論文があります。現代は医療の進歩などもあって、先進国の平均余命はどんどん延びています。米国も例外ではなく、どの世代どの属性でも平均2-3%くらいずつ長生きになっているのに、そんな中で逆に平均余命が短くなっているグループが1つだけあったんです。それが白人のブルーワーカーで、とくに50代のそれは年5%のマイナスと突出していた。要因は自殺とアルコールとドラッグで、彼らはこれを「絶望死」と名づけました。

 【参考記事】
●アイデンティティ主義がもたらす さまざまな不愉快な出来事の原因と解決策

 
中村 やっぱり死んじゃうんですね……。

 橘 絶望で人がどんどん死んでいるのが、米国のプアホワイト(貧しい白人)の現実です。ドナルド・トランプはこの層に向けて「私はあなたたちのことを忘れていない。私はあなたたちの苦境を知っている。私に投票すればこの状況を変えてみせよう」と訴えて大統領になった。社会から理解されず、酒を飲みドラッグに溺れていた人たちの絶望と不安と鬱積した怒りが、トランプという稀代のポピュリストを大統領の座に押し上げた。これがヨーロッパだと白人vsムスリム移民の構図になって、各国で極右政党が台頭しています。英国のEU離脱問題も根っこは同じです。

世界で起きている「マジョリティの分断」が日本では男女の構図に
 中村 日本にはまだ移民問題はないけれど、それが男女の構図に置き換わっているという理解でいいですか? 

 橘 そう思います。日本社会では明らかに男性がマジョリティで、だからジェンダー・ギャップ指数が世界121位で、シングルマザーの貧困率も極端に高い。当然、女性が貧困に苦しんでいるのは「社会制度に問題があるからだ」と皆が思うわけです。中村さんがおっしゃったように、少なくとも世間は聞く耳を持ってくれます。ところが働き盛りで健康状態にも問題がない男性が貧しいと「日本は男社会で、成功している男も普通に生活できている男もこんなにたくさんいるのにフリーターやひきこもりになって食べいけないというなら、それは全部あなたがしてきたことの結果でしょう」となる。だから、聞く耳を持ってもらえる女性に対して、彼らの怒りが向くのです。

 中村 そうすると、これからますます増える団塊ジュニア世代の男性の貧困問題は、想像を絶するものになるでしょうね。この10年、僕は貧しくて体を売って生きるしかない女性を気の毒だと思って見てきたけれど、これから中年男性を見舞う惨状はあんなものじゃ済まない。どうしてこうなってしまったのか?  日本はどこで道を間違ってしまったんでしょう? 

 橘 これは日本のみならず先進国で共通して起きていることですが、世の中が複雑になっているからだと思うんですね。昔のように頑張って勉強して良い大学に入り、どこかの大企業に拾ってもらって40年滅私奉公すれば悠々自適な老後が待っているという、シンプルなライフプランが通用しなくなってきた。「一人一人が自分の考えでやっていかなきゃだめです」なんて言われるけど、そんなことができるのはごく少数しかいません。キレイゴトを言う人は、そういう現実を全然見ないでものを言っているんだと思います。

 中村 「これからは個人の時代です。一人一人が個性を生かして自分の好きなことに取り組んで豊かな人生を築いていきましょう」なんて言いますけどね。それで生きていけるなら誰も苦労はないし、好きなことがお金にならなかったらどうすればいいのってなりますね。

 橘 いま日本で起きていることはすべて、世界の大きな潮流の一周遅れです。私はそれを「知識社会化・リベラル化・グローバル化」と呼んでいますが、グローバル資本主義も悪いことばかりではありません。中国やインドを見ればわかるように、90年代には最貧国だった国々が豊かになって膨大な数の中間層が誕生しました。世界的に見れば貧富の格差は縮小し、豊かになっているんです。これまで貧しい国に生まれ、貧しく暮らし、貧しいままに死ぬしかなかった人たちが、美味しいものを食べて、いい服を着て、旅行にも行けるようになった。それはとても素晴らしいことですが、その代償としてこれまで豊かだった先進国のマイノリティがまず犠牲になり、次にマジョリティの側にいた中間層から貧困層に転落する人たちが膨大に現れて社会が分断されてしまった。影響の出方に多少の違いはあっても、先進国で起きている構図はどれも共通しています。

 中村 米国のプアホワイトのように、転落した団塊ジュニア世代はホームレスになって街に溢れ、酒やドラッグに溺れてゆきつく先は絶望死ですか。社会的に理解されないために対策はますます遅れて、手遅れになるのは目に見えています。

日本でこれから課題となる「大きな黒い犬問題」
 橘 ホームレスになる前に、日本ではまずひきこもりになるでしょう。評論家の御田寺圭さんは『矛盾社会序説』(イーストプレス)で、「大きくて黒い犬問題」を提起しています。捨てられたペットの殺処分場で引き取り手があるのは白くて小さくてかわいい犬で、最後に残るのは大きくて黒い犬ばかりです。大きくて黒い犬は見て見ぬふりをされる貧困化したマジョリティの象徴で、欧米の場合はホームレスになっていくんですが、日本では家庭が囲い込むからますます社会から見えにくくなっている。

 中村 しかし、彼らを囲い込んで世間様から隠してきた親たちが、高齢化でいよいよ世話をしきれなくなるから、やっぱりホームレスになりますね。

 橘 家で隠しきれなくなったらこんどは行政が隠すんじゃないでしょうか。住宅街にホームレスが現れると、市役所に苦情が殺到するそうです。「近所にこういう汚い人間がいるのは迷惑だから、どっか見えないところに連れて行ってくれ」と。それでホームレスの人たちを施設に収容するんですが、監禁はできないからしばらくすると逃げられて、また街に戻って苦情が殺到する。その繰り返しです。

 中村 これからは収容するよりも増え続けるホームレスの方が何倍もの数になるので、見ないわけにはいかなくなるでしょう。それでも隠そうとするなら埋立地とか無人島とか、戻れないところに閉じ込めるしかなくなります。

 橘 それはもう「難民キャンプ」と同じですね。社会的には最も同情をされない人たちですから、予算もつきにくいし根本的な対策は後手後手になるでしょう。大きくて黒い犬たちを隠せなくなったあとのことは、まだ誰も考えていないんじゃないでしょうか。

 中村 じつは団塊ジュニア世代のほかにも「大きくて黒い犬」になりそうな人たちがいて、それが重病人と痴呆老人です。いま国は「地域包括ケアシステム」というのを進めようとしているのですが、要するに病院や介護施設から要介護者を帰宅させ「地域で面倒を見なさいね」というのです。看病や介護が必要な人を地域に戻して、世話をさせられるのは結局女性じゃないですか。看病や介護のために働けなくなり、収入の機会を奪われてますます貧困に陥る。国はそこで人が死んでも、あくまで家の中でのことだから行政の責任は免れると考えているのでしょうか? 

 橘 国としてもこれ以上は医療費負担を増やせないというのは、ある意味仕方のないことではあります。だからとにかく「退院してください」となるんですが、これは政治が悪いというよりは、もうお金が回らなくなってしまったことが原因です。これからますます高齢者は増え、社会保障費は増大の一途にもかかわらず、経済成長や増税で税収を大幅に増やせる見込みはまるでない。消費税を2%上げるのにあれだけ大変だったわけで、少なくともむこう10年は10%のままでしょう。それならとにかく現状を死守しようとなると、1人に割り当てる金額を削るしか方法はありません。

 中村 それは理解できるんですけども、結局のところそのしわ寄せがほとんど女性にくるんです。

 橘 難病の夫の看病に困っている女性が知り合いにいて、都内の病院に入院していたのですが、やはり「退院してご自宅で看病してください」と宣告されたそうです。「いまも看護師さんが24時間体制でようやく何とかなっている状態なのに、私一人で看病できるわけがない」とお願いしたそうなのですが、「定期的に看護師が巡回するサービスもありますから」と説得され、最後には「とにかく来月末には出ていってください」と追い出されてしまいました。入院日数が長引くほど保険の点数が下がるし、長期入院患者が多いと厚労省にも目を付けられるからのようです。

 中村 介護もそうです。介護保険を受けるには「要介護認定」が必要なのですが、いまこの認定基準を見直す動きがあるんです。たとえば認知症で徘徊したり暴れたりするお年寄りがいますが、この人たちの世話はある意味で寝たきりよりも大変です。ところが検討されている基準だと「立って歩けるんだから介護の必要はなし」とされるんです。これってどうするんですか!?  妻や嫁さんでは面倒が見られないとなったら、今度は「地域コミュニティで」となるんです。

 橘 グローバル資本主義に対抗して「これからはコミュニティの時代だ」と言う人がたくさんいたじゃないですか。それをうまく悪用して「これからはコミュニティの時代ですから、病人やお年寄りもコミュニティで面倒を見て行きましょう」みたいなことが始まったんじゃないでしょうか。「共同体の絆」とか「地域社会で助け合う」とか言われると、なんとなく「たしかにそうだね」ってなりがちですが、要は国の負担を減らして家族や地域に丸投げして負担が増えないようにしたいんです。

 中村 その通りです。やたらとコミュニティとか地域社会とかいうインフルエンサーみたいな人っているじゃないですか。そういう人って調べてみると、だいたい財務省や経済産業省と繋がっているんです。

 橘 そうなんですか。少なくとも最初の頃に「コミュニティが大事だ」と言い始めた人には、まったく悪気はなかったと思います。グローバル資本主義が進んで世界がますます残酷になっていくなら、その対極にあるコミュニティや共同体を大事にしようと考えるのは自然です。ところがそれを制度化しようとすると、中村さんが取材されてきたように現実的な問題がどんどん出てくる。そうなったときに人々が何を考えるかといえば「とにかく自分と家族の生活だけは守りたい」です。

 中村 それは当然ですよね。

 橘 そう考えた人が具体的に何をするかといえば、資産形成でしょう。「老後に2000万円必要」という報告書が騒動になりましたが、そんなんじゃぜんぜん足りないから最低でも5000万円、できれば1億円貯めたいと思ってガムシャラに働く。これはもちろん厳しく大変ですが、だからこそ成功した人たちは「俺はこんなに努力したのに、それを助け合いだなんだと言って努力しなかったヤツらに分配するようなことは許さない」となるわけです。その結果、社会はどんどんギスギスして、格差が拡大していくんだと思います。

 中村 横浜市の寿町を取材したとき、近い将来の日本を姿を見た気がしました。生活保護受給者の人たちが集まっている地域ですが、住民サービスが極端に削られている。他の地区では週4回のごみ収集が、週1回だけしか来ないとか。でも、ほぼ全員が生活保護受給者で貧富の格差がない中で、人々はそれなりに幸せに暮らしているように見えました。でも、そういう人たちが隣接した地区に出てしまうと、橘さんがおっしゃっていたように行政に苦情が殺到するのですね。だから最終的には生活保護受給者は埋立地や無人島のような隔離された地域に集められるんじゃないかと思います。この10-15年で貧困に転落した人が介護業界に集められたのは事実ですから、こんどは重病人や認知症の高齢者といった「大きくて黒い犬」をそうした地域に一緒に隔離するのです。「地域包括ケアシステム」が目指しているのはそういうことかと。

 橘 なるほど。

暗澹たる未来への解決策はあるのか? 
 中村 若い女性は外国に行って売春し、転落した団塊ジュニアと資産を作れなかった高齢者は無人島や埋立地に追いやられる。社会から隔絶されたその地域には酒やドラッグに溺れた中年男性がたむろし、認知症の老人が暴れたり徘徊している。朝になると凍死した死体が何体か転がっているけれど、行政サービスが極端に削られているのですぐには回収されずに放置されている。そんな暗澹たる光景が見えてきてしまいました。そうならないための解決策はないんでしょうか? 

 橘 まだ誰もわからないんじゃないでしょうか。ただ、私がいつも言っているのは、今の状況を乗り越える新たな社会制度があるとしても、それが生み出されるのは日本ではなく欧米だということです。イノベーションはギリギリの崖っぷちに追い込まれたところで生まれますが、事態は日本より欧米の方が遥かに深刻で、切羽詰まっています。だから日本みたいな一周遅れのヌルい国で、あれこれ議論してもあまり意味がない。われわれは欧米の試行錯誤を見て、うまく行きそうなものを取り入れたらいいんです。

 中村 ならそれまでは、何とか自力で生き延びないといけませんね。若者や女性、そしてこれから貧困に転落する団塊ジュニア世代の同輩に言いたいことは、自分一人で背負い込まないで欲しいということです。法律や制度に救済される手段や逃げられる方法はあるのに、それを知らずに泥沼に沈んでいく人のなんと多いことか。誰もあなたに丁寧には教えてくれないし、それを知らない人の善意や責任感はどこまでも利用されます。それから、自分の命を第一に考えて欲しい。自分より優先していいとすれば、(未成年の)子どもだけ。それ以外に優先すべき存在などありません。これから親の介護や看病に苦しむ人たちが増えると思いますが「70歳まで生きればもう十分」みたいな割り切りが必要だと思います。

 橘 なんだかんだいって、みんな自分のことがいちばん大切なわけだし、最後には自分の人生は自分で守るというリアリズムがないと、これからの社会を生き抜いていくのは厳しいかもしれませんね。

 
構成/渡辺一朗 撮影/土井一秀

 
[参考記事]
●‐幸福の資本論1‐「幸福な人生」を実現するために必要なものとは? 

 ----------------------------------------------------------------------------

 橘 玲(たちばな あきら)

  作家。書籍『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)では、「金融資本」「人的資本」「社会資本」が幸福に必要なインフラであると指摘し、その組み合わせによって、人生の8つのパターンが提示されている。3つの資本がどれもないのが「貧困」で救いようがない。「貧困」に陥らないために少なくとも2つの資本を充実させようという「幸福論」。その具体的な解説と方法論を提示している。

 ●橘玲『世の中の仕組みと人生のデザイン』を毎週木曜日に配信中! (20日間無料体験中)

 対談相手:中村淳彦

 ノンフィクションライター。貧困や介護、AV女優や風俗など、社会問題をフィールドワークに取材・執筆を続けるノンフィクションライター。現実を可視化するために、貧困、虐待、精神疾患、借金、自傷、人身売買など、さまざまな過酷な話に、ひたすら耳を傾けつづけている。最新刊は『東京貧困女子。』(東洋経済新報社)、『崩壊する介護現場』(ベストセラーズ)、『日本の風俗嬢』(新潮社)、『名前のない女たち』シリーズ(宝島社)など多数。

橘玲

最終更新:1/29(水) 16:45
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ