ここから本文です

南野、“サイドハーフ起用”のデビューに英紙は及第点 「試合のハイペースに苦戦した」

1/24(金) 8:18配信

Football ZONE web

マネ負傷により緊急投入された南野 リバプールは2-1でウルブスを撃破

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が途中出場でリーグ戦デビューを飾った。英紙は出場選手の採点で南野に及第点を与えている。

【動画】リバプール南野拓実、待望のプレミアリーグデビューを果たした瞬間

 今季のリバプールは、ここまでリーグ戦無敗(21勝1分)で首位を独走している。1月1日付けで加入した南野は第22節トットナム戦(1-0)、第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬ形でその瞬間が訪れる。

 前半8分にイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがCKからヘディングを叩き込み幸先良く先制するも、同33分にセネガル代表FWサディオ・マネが負傷し、自ら交代を申し出るアクシデントに見舞われる。南野はこの緊急事態で声をかけられ、ユルゲン・クロップ監督の入念な指示を受けると、ついにプレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。

 5日のFA杯3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野は、最初左に配置されていたが、後半から右サイドハーフのポジションに入れ替わった。チームは後半6分にカウンターから失点するも、同25分にブラジル代表MFファビーニョの投入でシステムを4-3-3に戻すと、同39分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決勝点を奪った。

 英地元紙「リバプール・エコー」は、ウルブス戦に出場した選手を10点満点で採点。リーグデビューを飾った南野には及第点の6点が与えられ、「投入直後には左ウイングに入ったが、ハーフタイム明けからは右サイドハーフでプレーした。試合のハイペースに苦戦していた」と指摘している。

 エース負傷による緊急投入で難しい役割を務めることになったが、華麗なワンタッチで相手選手を翻弄し、強烈なシュートを見せるなど、その持ち味も随所で垣間見せた。現在首位を走るチームで出場時間を得るのは簡単ではないが、ここから南野にとってプレミアでの戦いが本格的に始まることになる。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/24(金) 8:18
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事