ここから本文です

大宮アルディージャ、ラトビア代表DFヴィターリス・マクシメンコを獲得。「大きな志を抱くクラブ」

1/24(金) 14:34配信

フットボールチャンネル

 J2の大宮アルディージャが24日、スロベニア1部のNKオリンピア・リュブリャナからラトビア代表DFヴィターリス・マクシメンコを完全移籍で獲得したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 マクシメンコはCSKAモスクワやブライトン、VVVフェンロなどでプレー。2018年からリュブリャナでプレーしていた。年代別のラトビア代表に選ばれていて、A代表では通算51試合に出場している。

 大宮のクラブ公式サイトでマクシメンコは「大宮アルディージャに加入するのがとてもうれしいです。私のキャリアにとって新たなチャプターであり、大きな志を抱くクラブだということを含め、多くの肯定的な話を伺っています。日本という国や文化、国民性に触れるのも楽しみにしていますし、一刻も早くチームメートやスタッフに会ってトレーニングを始めたいと切に願っています」とコメントしている。

 186cmの長身CBは大宮で背番号4をつけることになっている。マクシメンコは大宮をJ1へ昇格させる原動力となることができるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/24(金) 14:34
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ