ここから本文です

英国ロイヤル・バレエ団のスター達が 東京で繰り広げる夢の競演!

1/24(金) 20:00配信

CREA WEB

 2020年1月31日(金)、2月1日(土)に東京で初開催を迎える『輝く英国ロイヤルバレエのスター達』。英国ロイヤル・バレエ団からトップダンサーが来日し、華やかな踊りと技を繰り広げます。

日本人女性で唯一のプリンシパル・高田 茜さん

 今回出演するのは、プリンシパル(バレエ団の最高位)をはじめとした総勢10名のダンサーたち。

 なかでもCREAが注目したのが高田 茜さん。日本人女性で唯一同団のプリンシパルとして活躍する気鋭のバレリーナです。

 ステージは古典作品から現代作品まで名作の見所を抜粋したガラ形式で上演。高田さんは『春の水』『コッペリア』、“Homage to the Queen”よりEarthの3作品に出演し、それぞれパ・ド・ドゥを踊ります。

 『春の水』はロシアの振付家アサフ・メッセレルの作品で、同じくプリンシパルの平野亮一さんとペアを組み出演。

 「平野さんは一緒に踊っていてとても安心できる方。信頼できる相手と踊るのは、女性ダンサーにとってとても大切なこと。心の支えになるし、何とかしてくれるだろうと思える相手と踊ると、舞台の上で自由になれるんです」と高田さん。

 英国では平野さんとペアを組む機会はあまり多くなく、ファンの注目が集まりそう。

豪華メンバーが揃って来日

 『コッペリア』でペアを組むのはファースト・ソリストのウィリアム・ブレイスウェルさん。昨年末、英国ロイヤル・バレエ団で初めてウィリアムさんとともに『コッペリア』を踊った高田さん。

「とても可愛らしい作品で、日本で踊るのが楽しみです」

 愛らしい『コッペリア』は高田さんのイメージにぴったり。日本で『コッペリア』を踊るのは今回が初となり、こちらも見逃せないところ。

 デヴィット・ビントレー振付作“Homage to the Queen”よりEarthは、ファースト・ソリストのアクリ瑠嘉さんと出演。

「アクリさんとはこの作品で初めて一緒に踊ります。また、この作品を踊るのは初めてです。複雑な音楽のとても難しい作品で、また新しい挑戦です」

 高田さんがプリンシパルに昇格したのは今から4年前のこと。以来数々の作品で主演を務めてきたものの、日本で踊る時はひときわ緊張感を感じるそう。

「日本は世界中からスターダンサーが来日しているので、日本のお客様はみなさん目が肥えている。期待に応えられるようベストの踊りをお見せしなければいけないし、自然と身が引き締まります。もちろん日本人として、日本の方に観ていただくのは特別な想いがあります」

 世界の名門バレエ団でトップにまで昇り詰めた高田さん。今、彼女を支える想いとは? 

「他の職業と比べるとダンサーでいられる期間は極端に短く、その短いダンス人生の中でどれだけ自分の求める表現に近づけるかが日々の目標であり課題。ひとつひとつの作品に自分のベストを尽くせるよう、大切に踊っていきたいと思っています」

高田 茜(たかだ・あかね)

東京都出身。3歳でバレエを始める。2008年ローザンヌ国際バレエコンクールに出場、プロ研修賞と観客賞を受賞し、同年英国ロイヤル・バレエ団の研修生に、翌年アーティストとして入団。2011年ソリスト昇格、2014年ファースト・ソリスト昇格、2016/2017年シーズンにプリンシパルに昇格した。

『輝く英国ロイヤルバレエのスター達』

公演日時 2020年1月31日(金) 19:00、2月1日(土) 13:00/17:00会場 昭和女子大学 人見記念講堂お問い合わせ 0570-035-061(インフォメーションダイヤル)http://www.royal-ballet-stars.jp/◆出演(プリンシパル)ローレン・カスバートソン高田 茜ヤスミン・ナグディフェデリコ・ボネッリ平野亮一ワディム・ムンタギロフ◆出演(ファースト・ソリスト)メリッサ・ハミルトンマヤラ・マグリウィリアム・ブレイスウェルアクリ瑠嘉

小野寺悦子

最終更新:1/27(月) 18:25
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ