ここから本文です

Bluetoothがつながらない原因と解決策|デバイス以外に問題も

1/25(土) 20:01配信

ライフハッカー[日本版]

Bluetoothによってデバイス同士が連携できるようになって20年以上経ちます。

しかし、デバイス間のBluetooth接続は、今でもうまくいかないことがあったり、接続しようとすると様々な問題が起こったりします。

今回は、Bluetoothが使用可能なデバイスと接続しようとして起こる問題のトラブルシューティングをご紹介します。

目次

1. 範囲を調べる

2. 両方のデバイスを再起動する

3. Bluetoothがオンになっているか確認

4. ペアリングの確認

5. 妨害となっている物の確認

6. デバイスを削除する

7. メーカーの情報を確認する

8. 他のデバイスで試す

範囲を調べる

2つのBluetoothデバイスを接続させようとして問題が起こっている場合は、まずデバイス同士が接続できる範囲内にあるかを確認してください。

通常は、約9メートルかそれ以下です。Bluetoothの信号は、壁や天井のような固い物も通過しますが、このような障害物があると信号が届く範囲が狭くもなります。

Bluetoothは、各デバイスのアンテナが発する電波によってデータを送受信します。

同じ無線周波数を使う他のデバイスの送受信を妨げないため、またバッテリーの使用量を減らすために、Bluetoothのパワーは弱いです。つまり、Bluetoothの信号は、ハイパワーなWiFiの信号や商業用のラジオ局の電波ほど遠くに届きません。

両方のデバイスを再起動する

「電源を切ってから、もう一度入れてみてください」というアドバイスは、デジタル業界では当たり前過ぎて冗談のようになっていますが、実際にBluetoothを接続し直すというのは効果があります。

信号を送信しているデバイス(パソコン、タブレット、スマホなど)のBluetooth機能をオフにしてからもう一度オンにして、受信しているデバイス(キーボード、スピーカー、マウスなど)をメーカーの説明にしたがってペアリングモードにします。

これで、デバイスのBluetooth接続が復活するかもしれません。

これでうまくいかない場合は、送受信している両方のデバイスの電源を切り、それから送信する方のデバイスを再起動して、完全に起動し終わってから、受信するほうのデバイスを起動してペアリングします。

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 20:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事