ここから本文です

ロッテ・荻野貴司 新“一・二番コンビ”への期待/斬り込み隊長は俺だ

1/25(土) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 すでにイメージはできている。荻野貴司はソフトバンクからFA移籍で加わった福田秀平との新たな一、二番コンビを組むことに意欲的だった。

「福田選手はどんどん打ってくるタイプ。相手投手は打者に集中するだろうし、スキを狙いたい。それに自分が走ることで助けることもできると思います」

 新たな相棒のプレースタイルが、自分に合うと確信しており、自身も積極的にスタートを切ることで相手を警戒させ、福田秀がストレート系に的を絞りやすくさせるアシストも考えている。

 すでに井口資仁監督は斬り込み隊長は荻野に固定し、「(俊足の)2人でかき回してほしい」と楽天へFA移籍した鈴木大地に代わる二番に福田秀を起用する構想を明かしている。

 昨季、ヤクルト・山田哲人に更新されるまでプロ野球記録だった32連続盗塁成功の新戦力と、34歳シーズンだった2019年はキャリアハイとなる28盗塁を記録した荻野が組めば、相手バッテリーは気が気でないだろう。

 打率.315をはじめ次々と自己最高成績を記録した昨季。「ケガがなかったのがよかった」というように、故障予防のために試合後のトレーニング量を減らして次の試合へ疲労を残さないようにするなど、思い切った自己改革が10年目での「開花」につながった。

 それでも荻野は言う。「満足はしていない。2019年の数字をすべてにおいて、上回りたいです」。10月には35歳になるが、心身ともに今が一番、充実している。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:1/25(土) 17:30
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事