ここから本文です

【冬場の正しいエアコンの使い方】最適な温度設定は20度が正解!?

1/25(土) 8:16配信

ベストカーWeb

 冬の日中は、ポカポカ陽気で、暖房をかけ続けていると眠くなってしまいます。オートエアコンの温度設定も28度にすればいいのか、それとも20度、25度にすればいいのか、迷うことが多いですよね。

【画像ギャラリー】クルマのヒーターとエアコンはどう違うのか詳細解説

 冬のこの時期、エアコンの使い方って難しいですよね。そもそもクルマから温風が出る仕組みはどうなっているんでしょうか? 

 意外に知らない、冬場の正しいカーエアコンの使い方について自動車テクノロジーライターの高根英幸氏が解説します。

文/高根英幸
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock

暖房を入れた車内はポカポカ陽気 居眠り運転に注意せよ!

 真夏と並んで、真冬の季節は、クルマでの移動は天候を問わず快適で、クルマを所有している恩恵を大きく感じられる。目的地に着いてもクルマから降りたくないほど快適なことも珍しいことではないだろう。

 しかしドライバーにとっては、気を付けなければいけないポイントがある。暖房は快適であるだけでなく、心地良過ぎて睡魔を呼ぶこともある、ということだ。

 のぼせるほどの高温に設定することはないだろうが、心地良いと思うほどの温度設定や、温室のように陽射しが差し込む状況では、リラックスし過ぎて眠気を感じてしまうこともある。

 そうなると運転に集中することも難しくなるし、注意力も判断力も鈍くなってしまうのは、非常に危険だ。

 オートエアコンは、1年中同じ条件で室内空間を快適に保ってくれる非常に便利な装備だが、実際には日照状態などで室温を調整するため、1年中昼夜で同じ温度を保っている訳ではない。

 夏は温度設定を高めに、そして冬は低めにすることで燃料を節約しながら安全で快適な走行を実現することができる。

エアコンスイッチを押さなくても温度調節を高温にするだけで暖房にできる

 暖房はエアコンを使わなくてもできる。冷房はエアコンのスイッチをONにしなければ、冷風は出ないが、暖房は温度調節を高温にするだけで暖気が出るので、エアコンをONにする必要はない。

 これを知らない人が実に多い。家のエアコンと同じようにエアコンスイッチを入れて、オートエアコンの温度設定を28度や30度にする人が意外に多いのだ。

 クルマはエンジンという熱源があるため、冷却損失を活用する暖房は非常に効率のいい空調なのだ。

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 8:16
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事