ここから本文です

新開発のエンジンとCVTを搭載! 軽快な走りと燃費性能を両立させたマツダ・フレアが登場

1/25(土) 10:01配信

WEB CARTOP

エコカー減税対象車に加えサポカーS・ワイドにも対応

 マツダは2020年1月23日、先進の安全装備をさらに充実させた軽自動車「マツダ フレア」を発売した。

120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選!

 デュアルインジェクションシステムやクールドEGRなどの新技術を採用した新開発のガソリンエンジンと効率を高めた新開発のCVTを搭載。マイルドハイブリッドシステムのさらなる効率化により、実際の走行における軽快な走りと優れた燃費性能を両立した。そのため、全車がエコカー減税の対象となった。

 安全面では一部機種でメーカーオプションとなっていたセーフティパッケージを全車標準装備に変更。全車に「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(後退時)」、「リアパーキングセンサー」を追加して後方を中心に運転時の安全性を高めた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に全車が該当している。

 また、新しいボディカラーである「シフォンアイボリーメタリック(ベージュ内装)」をHYBRID XGに設定したほか、同グレードにブラック内装のシート表皮を刷新して採用した。

 そのほか、メーカーオプションである「全方位カメラ付パッケージ」にクルマの周囲が立体的に表示される「3Dビュー機能」、見通しの悪い場所での人などの接近を知らせる「左右確認サポート機能」を全車に追加した。

 価格はHYBRID XGが128万400円~140万3600円、HYBRID XSが142万1200円~154万4400円(税込)。

WEB CARTOP

最終更新:1/25(土) 10:01
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ