ここから本文です

ベーシック感全開なのに「ツウだね!」とクルマ好き絶賛! 買って間違いなしの隠れマニアな現行国産車5選

1/25(土) 11:40配信

WEB CARTOP

欧州車のような硬派な走りが魅力の現行国産車もチェック

「若い世代が買える楽しいクルマがない」と言われるようになってすでに久しい。日産GT-RやフェアレディZ、ホンダ・シビックタイプRやSUBARU WRXなど伝統的な高性能スポーツモデルは健在ながら、高価格化が進んでしまったこともその理由のひとつだ。しかし、最近になって比較的安価ながら運転の楽しさが十分味わえるクルマが徐々に増えてきているという、じつに喜ばしい傾向がみられる。そこで今回は、現行型の国産車の中で、「おぉ! ツウだね!」とクルマ好きが唸るかつ嫌みにならないクルマを5台選んでみた。

【写真】激安だが乗れば強烈に楽しめる国産中古車!

1)トヨタ・カローラツーリング 1.2 W×B

 新世代プラットフォームの採用で走りの質が劇的に高まったと評判の新型カローラシリーズ。このご時世にあって、クルマ好きのためのスポーツグレードをしっかり用意してくれているのが素晴らしい。注目すべきはW×Bグレードの1.2ターボ搭載車。6速MTのみの硬派な設定で、しかも新設計のマニュアルトランスミッションであるiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション) を搭載。

 先行して発売された5ドアハッチバックのカローラスポーツの印象では、iMTの特徴であるエンストのしにくさや、シフトチェンジ時に得られる各ギアのつながりのよさは、運転初心者にとってはもちろん、ベテランドライバーにも受け入れやすい便利な機構だ。MTは気になるがMTの運転はウン10年ぶりなので躊躇している、といった人にも強くオススメできる。

2)スズキ・スイフトRS(5速MT)

 走りが楽しいスイフトといえばスイフトスポーツのイメージが強いが、標準スイフトのスポーツグレードRSも、じつは十二分にスポーティな走りが楽しめる。エンジンはNAの1.2リッターなので速くはないが車重は870kgと軽く、高剛性ボディがもたらす余裕を感じさせながら、峠の下りでの走りはなかなか熱い。

 欧州チューニングとされるダンパーは高速域でのフラットライド感が高く、コーナーでは昔のプジョーやルノーの廉価車のように軽快。その名の通り欧州車的な硬派な走りが味わえる。よりホットな走りを追求するならスイフトスポーツだが、味わい深いスイフトRSも忘れず検討候補に挙げて欲しい。

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 11:40
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事