ここから本文です

役職定年で収入半減…「もうお金に困るのは嫌」と始めた婚活

1/25(土) 15:50配信

女性自身

「50代以上の会員数は’06年に4700人でしたが、’19年には1万3000人と約3倍に増えました。女性の会員数も同じく2100人から5900人に増加しています」

こう語るのは、中高年専門結婚相談所「アイシニア」代表の池田淳一さんだ。今、さまざまな結婚相談所で50代以上の会員数が増えている。創業60年の中高年専門の結婚相談所「茜会」では10年間で会員数が3000人から4000人に増加。業界大手の「ツヴァイ」でも、女性会員数に占める50代以上の割合が’08年の3.6%から’18年に11.3%と約3倍になったという。

「以前は躊躇しながら相談所に訪れる人も多かったのですが、今は多くのお客様が気軽に説明会や見学パーティに参加されるようになりました」(茜会・広報担当)

さらに、注目したいのは結婚したい理由。

「’18年に行った結婚意識調査では、50代女性で最も多かったのが、同率で『経済的に安定したい』『老後の安心を得たい』だったんです」(ツヴァイ・広報担当)

結婚相手に求めることも年齢層が上がるごとに「収入」を挙げる人の割合は増え、50代女性では「性格・人柄」と「相性」の次に「収入」を条件にする人が多いそう。経済的な安定を求めて増える50代の結婚相談。池田さんはその理由を次のように話す。

「男性に比べて女性は、低賃金で収入が安定しにくい非正規雇用に就いている人が多いので、収入面で老後への不安を抱えやすい。それに、今は人生100年時代。50代はまだ折り返し地点で、『残りの人生をより豊かにしたい』『独りでは寂しい』と思う人が増えているのも理由でしょう」

では、実際に50代で新たなパートナーを見つけるのはどんな人たちなのか。池田さんに、今まで見守ってきた方のお話を聞いた。

■独り、生活のために仕事をするのは疲れてーー夫を見つけ、念願の専業主婦になれました

「54歳のB香さんは電話オペレーターや派遣社員など何回か転職をしていて、『もう生活のために仕事をするのは疲れた』と思ったそうです。そこで、収入面を任せられる夫を見つけ、自分は専業主婦になって心穏やかに暮らしたいと’15年に入会されました」

B香さんの婚活機関は3年。月1ペースで、40人の男性とお見合いをした。

「入会してすぐは、ほとんどの人が積極的にお見合いをされます。しかし、3カ月を過ぎるくらいからだんだんペースが落ちてくる。婚活は楽しいことばかりではありません。自分はよいと思っても相手から断られるケースもある。それで、疲れたと諦めて退会する人もいるんです」

そんななか、B香さんは「必ずよい人がいる」と信じて活動を続け、3年目に同じ50代半ばの医師と出会った。

「男性は休職して母親をつきっきりで介護していたんですが、母を施設に預けたことで、勤務医として復職。これからは自分の人生を歩もうと、伴侶を探していました」

穏やかな性格の男性。B香さんも「一緒にいて落ち着く」と好印象で、すぐ交際に発展したという。

「お互い求めるものが一致していました。理想の相手を見つけられて、B香さんは念願の専業主婦になられました」

■役職定年で収入半減、前夫は家計を支えない人ーーもうお金に困るのは嫌。諦めずに頑張ります

現在も婚活中である57歳のC美さん。金融関係で働く彼女は55歳のとき、役職定年となり収入が半減してしまった。

「C美さんにはまだ、自宅マンションのローンが10年以上残っています。さらに、19年前に離婚した前夫は、離婚する前も後も家にまったくお金を入れない人で、お子さんを育てるのにとても苦労されたようです。『もうお金の心配はしたくない』と経済的な安定を求めて'18年に入会されました」

入会当初はトラウマもあり、相手に求める年収は1000万円以上だった。

「今は希望を下げています。年収が高くても年齢差が大きかったり、人柄がよくても年収が希望どおりではなかったりと、全部の条件を満たす人を探すのは難しい。婚活は、アレもコレもと条件を出すと出会いが狭まります。大事なのは、本当に自分にとって必要な条件が何なのかを決めることなんです」

諦める人が増える3カ月の壁を超え、C美さんは今でも「頑張ります」と婚活中だという。

人生100年時代、50代はまだまだ華の世代。諦めず結婚にチャレンジすれば、幸せと老後の安心を同時に手に入れられるかも!

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

最終更新:1/25(土) 15:50
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事