ここから本文です

テイラー・スウィフトも出演! 映画『キャッツ』出演者たちの美ボディの秘密にフォーカス。

1/25(土) 23:00配信

VOGUE JAPAN

1月24日から日本公開となった、ブロードウェイ・ミュージカル大ヒット作の実写映画版『キャッツ』。スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、実写版は不可能と言われたこの作品をVFXや特殊メイクを駆使し、見事実現したことで話題に。劇場公開を記念して、テイラー・スウィフトやジェニファー・ハドソンなど、キャッツたちを熱演した豪華キャストたちのボディメイク&ケア法に注目してみよう!

テイラー・スウィフトの体型キープと保湿のお守りは「水」。

セクシーな猫、ボンバルリーナ役を演じ、同作のために書き下ろした劇中歌『ビューティフル・ゴースツ』では、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたテイラー。料理好きで美味しいものに目がない彼女は、厳しい食事制限はしない主義。その代わりに、友人たちからからかわれるくらい、毎日大量のミネラルウォーターを摂取している。コーヒーや砂糖入り飲料は避け、1日10本のペットボトルを飲み、車にも常備していないと不安になるほど。

ワークアウトはどんなに忙しくても、1日1時間の有酸素運動を実践。お気に入りはトレッドミルやランニング、ダンベル運動だ。ボディケアの仕上げは「ボディショップ」のココナッツボディ・バターをたっぷり塗って、ツヤ肌をキープしている。

産後ダイエットで36キロの減量に成功したジェニファー・ハドソン。

オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身だけあって、劇中ではグリザベラ役で、見事な歌唱力を披露。2009年に第一子を出産後、一念発起して36キロものダイエットに成功してからはさらに美しさに磨きがかかり、女優としてのキャリアを着実に歩んでいる。産後ダイエット時にはウェイト・ウォッチャーズ社のダイエットサポートサービスの手を借り、毎日30分以上のウォーキングと、時間さえあれば15分間のクイック・エクササイズを実践。食事は我慢しすぎず、バランス良く食べることをモットーに、野菜とプロテインを多めに摂るよう心がけていたのだそう。そして大好きなチョコレートを1日ひとかけらだけ食べることを自分に許可していたとか。「チョコは私にとってタバコみたいな嗜好品なのよ」とジェニファー。

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 23:00
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事