ここから本文です

【生理前の不調】自分はPMSなの?症状を軽くするには?ピルの飲み方は?に医師が回答!

1/25(土) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

月経前に体調をくずしたり、メンタルが弱まったりするPMS(月経前症候群)。その定義と対処法がわかれば安心できるはず。そんなPMSの基本や症状を軽くする方法などを産婦人科医が解説します。

<写真>ナプキン不要のサニタリーショーツ【ムーンパンツ】で生理を快適に!

回答してくださったのは
イーク表参道 婦人科医 高尾美穂先生
東京慈恵会医科大学大学院修了。女性それぞれのライフステージに合った治療法を提案、よりよく年を重ねていけるようさまざまな角度からサポートしている。

はるねクリニック銀座 婦人科医 上田弥生先生
大阪市立大学医学部医学科卒業。デリケートゾーンのアンチエイジング治療、漢方治療、アロマセラピーやハーブにも精通している。

1.PMSの基本

PMSとは
月経前症候群。生理前だけ調子が悪くなり、生理がくるとよくなるもの。症状により日常生活に困難をきたすものをPMSと呼ぶ。症状はさまざまなので、いつも生理前に体調が悪化する=PMSととらえてOK。

PMDDとは
月経前不快気分障害。PMSの症状のうち特に精神的な症状が強く出ることをPMDDと呼びます。攻撃的になりすぎたり、ふさぎ込みすぎたりする人はPMDDかも。

Q そもそもPMSってなんですか?
A 月経前症候群と呼ばれるもので生理前の心身さまざまな不調を指します
なんとなく聞いたことはあるものの、定義がよくわからないPMS。「生理前に出る身体的、精神的な症状のこと。身体的症状には腹痛や頭痛、腰痛、眠気、不眠、めまい、肌荒れ、むくみなど。精神的症状には情緒不安定、イライラ、抑うつなどさまざまな症状があります。症状により、日常生活に困難をきたすとPMSです」(高尾先生)

Q 自分がPMSなのかよくわかりません
A 上記不調があり、生理になると楽になるという場合はPMSと考えられます
「症状のせいでつらく、生理がくると軽減されるならPMSです。また、自覚がない場合もありますね。PMSと気づかないまま生理前にイライラしてしまい、周りの人に指摘されて病院にいらっしゃる方もいます。生理前に怒りっぽさや落ち込みやすさがあればPMSかも」(上田先生)。わけもなくイライラするとき、生理前か考えてみるとよさそう!

Q なぜPMSが発生するのでしょうか?
A 10以上の複合的な要因があるといわれていますが、完全に解明はされていません
「原因については、10個以上の説が唱えられていますが、まだわからないことがたくさんあります。プロゲステロンだけでは説明がつかないことが多く、さまざまな要因が複雑に絡み合って症状が出ていると考えられています」(上田先生)、「生理前からおなかの痛みが出るのは、すでに子宮の収縮がスタートしているから。2日前くらいから痛みなどが始まる場合が多いですね」(高尾先生)

Q 生理後の不調は、PMSや月経困難症とは違うのでしょうか?
A 生理中の過度なストレスの影響や貧血症状の可能性があります
「生理前の不調をPMS、生理中の不調を月経困難症と呼びますので、生理後の不調は区別して考えるべきでしょう。生理中に無理をして動いた負荷が生理後に響いているのかもしれませんね。貧血の可能性もあると思います。貧血には、頭痛や気分の落ち込みイライラなどPMSによく似た症状もあるんですよ」(上田先生)

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ