ここから本文です

親子2人旅も快適!旅行のスーツケースと機内持ち込みバッグの正解

1/25(土) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

ふだんはほぼワンオペで思いきり働き、年に数回の子連れ旅行を自分へのご褒美にしています。旅行は、子どもが小さい頃からほぼ息子と私の二人。つまり、旅行のスーツケースなどを持つのも、息子と私だけ。だから、ベストな方法を探るべく、毎回試行錯誤してきました。そこで、スーツケース&機内持ち込みバッグの今の正解と、これまでの遍歴を紹介したいと思います。

旅好き編集者の海外旅行のスーツケースの中身! 欠かせない持ち物を紹介

子どもが幼いころは、約100リットルの巨大スーツケースが定番でした

息子とふたり旅を始めたのは、確か子どもが2歳くらいの頃。もうずいぶん前のことなので、記憶がどんどん薄れているのですが(笑)、当時は息子の荷物も私のスーツケースに全て入れなくてはいけなかったので、約100リットルという超巨大スーツケースを愛用していました。100リットルというと、5~7泊程度の旅行にちょうどよいサイズと言われるのですが、それより短い期間でも、このサイズじゃないと足りなかったですね。あまりに重くて、“HEAVY(ヘビー)”というタグをつけられたことも(笑)。

 

足蹴り車にもなる子ども用のスーツケース、ジェットキッズが頼り!

子どもが少し大きくなると、子ども用のスーツケースを使うようになりました。こちらは、子どもが保育園時代から小学校低学年まで愛用していた“ジェットキッズ”のもの。荷物が(少し)入るだけでなく、写真のように上に乗っかって、足蹴り車として使えるんです。だから、私が大きいスーツケースを引っ張っていても、抱っこをせがまれることがなくなり、子ども自身が自分でスイスイ進んでくれるようになったことは、特にふたり旅の状況下ではとても大きく、随分と助けられました。

 このスーツケースは飛行場内でも使いたいので、機内に持ち込んでいたのですが、飛行機の中で使う子ども用のおもちゃや絵本、お菓子、万が一汚したときの着替えを入れられるので、私の機内持ち込み荷物を少し減らすことができました。身長も伸び、体重も増えた今では、“ジェットキッズ”がサイズアウトしてしまい不安でしたが、子どもって成長するんですよね。実は、今ではもっとラクになったんです。

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 14:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事