ここから本文です

排他的、階級社会…噂多い「京都」で優良物件を手に入れる!

1/25(土) 5:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

2020年に開催迫るオリンピックや万博への期待から、東京・大阪の地価高騰が続いている。それに伴い上昇する物件価格の高騰に、賃料相場は対応しきれず、大都市圏の不動産投資利回りはジワジワと低下傾向にある。そんななか、一人勝ちの状況となっているのが京都である。本記事では、京都不動産の狙い目エリアについて見ていく。

「優良物件」を獲得できるチャンスは非常に稀

京都では旺盛な賃貸需要がある一方、厳しい建築制限により賃貸住宅の供給が非常に絞られています。そのため、空室リスクが低く資産性が維持されやすいというメリットがある半面、投資家にとっては「供給数が少ないが故に、優良物件を手に入れにくい」というデメリットもあります。

この背景には、京都の地域特性という問題が関わっています。

そもそも、京都の不動産物件情報は京都の中だけで循環していて、あまり広くは出回りません。いい物件(割安な物件)があれば、まず業者や関係者が買って、差益をのせて転売するというのは他県でも同様だと思いますが、京都の場合は物件の絶対数が少ないので、その傾向が顕著だといえます。

一般の投資家、ましてや県外の人が京都でいい物件を手に入れられるチャンスは非常に稀です。これは、県外の投資家が京都不動産を探すうえでの大きなデメリットと言えるでしょう。

「新書大賞2016」を受賞し、発売1年足らずで24万部を売り上げた『京都ぎらい』(井上章一著・朝日新書)という本をご存じでしょうか。京都には中心部の「洛中」と周辺の「洛外」があり、本物の京都人を自負できるのは洛中育ちだけ、洛外である嵯峨出身の著者は、洛中の文化人からは「京都人」と認定されず、田舎者と見下された・・・。そんな苦々しい経験談をやや自虐を交えながら、京都人の持つ独特の選民意識と排他性について触れています。

この『京都ぎらい』が大ヒットしたのは、「京都が好きだ、憧れる」という方は多いけれども、半面、「京都人は排他的で何が本音か分からない」「プライドが高く付き合いにくい」「意地悪でちょっと怖い」といった感覚を持っている人が多いからなのかもしれません。「京都人は排他的」というのはある面では確かにそうで、京都の祇園などに行くと「一見(いちげん)さんお断り」の、どこが入り口なのか分からないお店がたくさんあります。

一見分からないが、知っている人は知っている――お客様か、それ以外の他人かの明確な線引きがあるのが京都です。例えば祇園で古くからあるお店の前を通り過ぎるとき、店主に「おおきに」と気軽に言えると、京都ではステータスが上がります。要は顔なじみであるということだからです。

ではこうした「希少な京都物件」、それも優良な物件を確実に購入するには、どうしたらいいのでしょうか。

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ